All about Photonics

Business/Market 詳細

神経形態学コンピューティング市場、2026年までに5億5059万3000ドル

May, 20, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「神経形態学コンピューティング市場、COVID-19の影響、提供品、導入、アプリケーション(画像認識、信号認識、データマイニング)、業種(航空宇宙、軍事&防衛、自動車、医学)および地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場は2021年の2274万3000ドルから予測期間にCAGR 89.1%成長で、2026年までに5億5059万3000ドルに達する見込である。

神経形態学コンピューティング市場の成長を後押しする主因は、より優れた性能のICsに対する必要性、人工知能とマシンラーニング需要増、業界を超えた提携数の増加。しかし、神経形態学コンピューティングについての知識の欠如、、神経形態学チップ設計の複雑さを増す複雑なアルゴリズなど、いくつかの要素が市場の成長を阻んでいる。さらに、非構造化刺激データから学ぶ人間の柔軟性と能力を適合させることが、予測期間に市場における重要な課題となる。

予測期間にソフトウエアが最高CAGRで成長する見込
ハードウエアは、予測期間に大きなシェアを確保する見込である。Von Neurmannアーキテクチャの潜在的な置き替えとしての神経形態学チップの登場、情報の経時的処理は、メモリ利用、消費電力を制限し、またスピードが、商用化の最初の数年で、その成長の主要なドライバーとなる見込である。航空宇宙&防衛、IT&テレコム、および医療などの産業におけるソフトウエアの採用増が、予測期間に神経形態学コンピューティングソフトウエアの成長を牽引し、高いCAGRが見込まれている。

予測期間に画像認識が最大シェア
 神経形態学コンピューティング市場全体で、画像認識が急成長する見込である。航空宇宙、軍&防衛は、画像認識の最大産業ユーザセグメント。そこでは、偵察、セキュリティ、追跡、標的およびドローンで利用される。画像認識セグメントの成長は、ドローンやUAVsの採用増により後押しされる。ビデオモニタリングとマシンビジョンは、画像認識向け市場の成長を促進する主要な利用例である。

次の数年でエッジコンピューティングの成長率が最大
エッジコンピューティングセグメントは、2026年までに神経形態学コンピューティング市場全体で95%のシェアとなる見込である。エッジコンピューティングの高成長は、自動車向けの応答音声制御、タッチレスインタフェース向け全身ジェスチャ認識、支援ロボット向けのオンボードインテリジェンスなどのアプリケーションでの利用増によるものである。エッジでの神経形態学コンピューティングは、ローパワー、低遅延アプリケーション、オンデバイスにも適している。

航空宇宙、軍&防衛業種が2026年に最大シェアを取る見込
 神経形態学コンピューティングは、他のプロセッサよりも高速に情報処理ができる。これは、軍&防衛産業で、武器やリソース管理を含む戦場データなどのセンシティブなデータ処理の際に役立つ。セキュリティ問題の脅威を低減するために、一方から他方へデータを安全にコード化して伝送する信号のテストと伝送要求の増加は、航空宇宙、軍&防衛産業で神経形態学コンピューティング市場の成長を後押しするもう1つの要因である。

APACは予測期間に神経形態学コンピューティング市場における最高CAGR成長に貢献
 APACは、2021年、世界の神経形態学コンピューティング市場で~37%と2番目に大きなシェアだった。中国、日本、韓国などの国々は、APACにおける神経形態学コンピューティング市場に大きく貢献すると見られている。中国は、APACでは、AIの最大市場、それに日本が続いている。したがって、マシンラーニングやNLPアプリケーション向け神経形態学コンピューティングの魅力的な市場となる。北米は、2021年、世界の神経形態学コンピューティング市場で~40%の最大シェアを維持する見込である。航空宇宙、軍&防衛および医療などの産業で神経形態学コンピューティングの利点についての広範な認識が、この地域の優位性を促進する主因である。USは、マシンラーニング、自然言語処理(NLP)、画像処理、医療や自動車などの産業でスピーチ認識向け人工知能の先行的採用者であり、北米の神経形態学コンピューティング市場の成長を牽引している。