All about Photonics

Business/Market 詳細

防爆性照明市場、2026年までに4億7100万ドル

May, 18, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「防爆性照明市場、COVID-19影響分析、タイプ(ハイベイ&ローベイ、リニア、フロッド)、光源(LED、蛍光灯)、安全評価、危険な場所、エンドユーザ産業、地域、2026年までのグローバル予測」によると、2021年の市場は3億4000万ドル、2021-2026年にCAGR 6.7%成長で2026年までに4億7100万ドルに達する見込である。
 市場の成長に寄与する要因に含まれるのは、石油&ガスおよび化学&製薬産業のインフラストラクチャ開発およびプロジェクト拡大計画のための投資増、省エネへの政府の焦点拡大、従来の照明システムからコネクティッド照明ソリューションへの急速な移行、従来光源に対する優位性によりLEDベース防爆照明器具の採用急増。

世界的に、全ての加工産業、石油&ガスおよび化学&製薬、採鉱、エネルギー&電力、飲食産業などは、危険な環境で使用される製品の様々な他の認定とともに、1996年米国電気工事規定、欧州電気標準か委員会(CENELEC)、安全増強防爆電気機器で定められた安全対策に従う必要がある。これらの対策に、効果的、効率的な防爆照明製品のインストールが従う。上記産業で、安全基準を維持し、プロセスが円滑に機能することになる。これは、防爆照明市場の成長の主因である。

光源では、LED照明が防爆照明市場で優位
LEDsは最もエネルギー効率のよい照明オプションであり、産業ファシリティで全般的な運用コストを飛躍的に下げるために使用できる。LEDsは、総所有コストを考慮すると、蛍光灯と比較して4~5倍安価である。加えてLEDsは、他の照明技術ほど温度に敏感ではないので、極端に熱い環境、寒い環境での動作が容易である。さらに、産業ファシリティ数の増加が、防爆照明アプリケーション向けのLEDsの普及に影響すると予測されている。

エンドユーザ産業では、化学&製薬産業が予測期間に最速成長セグメント
 インドや中国などの新興経済における化学&製薬産業は、巨額投資を引き寄せて急成長している。たとえは゛、Business Standardの記事によると、インドの製薬産業は、2020年に約17億ドルの投資を引き寄せた。また、次の数年、成長が加速すると予測されている。さらに、Invest Indiaによると、インドの化学&製薬産業は、2025年には3000億ドルに成長する見込である。これらの全要素は、化学&製薬産業における防爆照明の成長の勢いを強めると見られている。

2026年、北米が防爆照明市場で最大シェア
 北米は、防爆照明の世界で最も有望な市場として登場してきた。同地域は、石油&ガス産業への投資が増えており、予測期間に多くのプロジェクトが計画されている。
 石油&ガスは、防爆照明の主要なエンドユーザ産業である。爆発による資産への損害は、巨額の財務損失につながるからである。これが引き金になり、同地域ではロバストな防爆照明の導入が進んだ。
(詳細は、https://www.marketsandmarkets.com/)