All about Photonics

Business/Market 詳細

分光分析市場規模、2028年に245億ドル

May, 10, 2021, San Francisco--Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界の分光分析市場規模は、2028年に245億ドルに達する見込である。市場は、2021-2028年にCAGR 7.2%で成長すると予測されている。
 主要プレイヤは、複数のヘルスケアアプリケーション向けに技術的に進んだ分光分析製品を提供しており、新製品開発のために研究機関と提携している。

市場の主要プレイヤによるMALDI-TOF質量分析(MS)を利用して市場は、今後の潜在的成長が予測されている。例えば、2020年島津製作所は、米国でアミロイド・ポジティブ早期診断向けにAmyloid MSサービスを始めた。MALDI-TOF MS (IP-MS)と免疫沈降の組合せを利用して血液分析を行う。

さらに、分光分析計は、創薬およびR&Dで広く利用されている。薬物代謝・薬物動態Drug Metabolism and Pharmacokinetics (DMPK)プロファイルの研究、新しい分子実体の吸収・分布・代謝・排泄・毒性Absorption, Distribution, Metabolism, Excretion, and Toxicity (ADMET)特性の研究のためである。したがって、創薬における分光分析のアプリケーションは、予測期間に潜在的成長が見込まれている。

調査のハイライト
・質量分析(MS)セグメントは、継続的な技術進歩により、予測期間に最速CAGRが見込まれている。
・MALDI-TOF MSは、MSセグメント高成長への主要貢献者。これは、この技術のアプリケーション範囲を拡大する新しいMALDI-TOF MSアクセサリが発表されたためである。
・2020年、計測器セグメントが優位を占めた。特殊アプリケーション向けに広範な装置を提供している主要プレイヤが大きなセグメントシェアに貢献。
・多様な分光計が入手できるが、多くの研究機関は、システムの高コスト、技術的専門家欠如のために、それらを導入できない。
・したがって、研究機関は、分光分析サービスを提供する組織にアプローチし、今度は、それが予測期間にサービスセグメントの成長を後押しする。
・アプリケーションセグメントが生み出す収益で大きな部分を占めたのは薬剤分析。製薬会社の品質保証、品質制御部門で分光計が一般に利用されているからである。
・加えて、製薬アプリケーションに特化した技術で現在進行中のイノベーションが、同セグメントの最速成長に寄与している。
・2020年、政府と学術研究機関セグメントが最大収益を生み出した、様々な政府と学術兼杞憂機関の研究者が分光分析をベースに下複数の研究に取り組んでいるからである。
・APACでは、予測期間を通じて利益の出る成長率が見込まれている。この地域の若手研究者を訓練、教育するために様々な組織や団体による計画が実施されるからである。
・主要な市場参加者、Thermo Fisher Scientific, Inc.、Agilent Technologies、Waters Corporation、およびShimadzu Corporation(島津製作所)が、市場における座を強化するために戦略的取組を行っているからである。