All about Photonics

Business/Market 詳細

LED照明市場規模、2028年に1355億8000万ドル

April, 23, 2021, San Francisco--Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界のLED照明市場規模は、予測期間にCAGR 12.5%成長で、2028年に1355億8000万ドルに達する見込である。
 LED照明は、エネルギー効率向上、低放熱、コスト削減、指向性制御照明、長寿命、ナノ秒スイッチングなどの利点により、市場の成長を後押ししている。

加えて、複雑でコンパクトな形状、美的デザインフィクスチャにLED照明を使用する柔軟性により、特に、住宅や商用分野では、利用率が一層向上している。LEDメーカーは、占有センサ、昼光照明(明るい白青光)、調光機能、タイマーなどの機能を組込み、手頃な価格でスマート照明機能を実現しようとしている。

さらに、LED照明採用促進のための有利な政府の政策、販売奨励金、商用、住宅用、産業分野向け改造計画が、予測期間に市場の成長を後押しする。チラツキのないLED照明が導入され、消費電力低減、長寿命促進されることで、白熱電球、HID、CFLなどの非効率で消費電力の大きな光源が減少する。

LED照明や半導体技術の継続的な進歩、持続可能でエネルギー効率の優れたソリューションに対する需要増と相俟って、市場は急速に変化している。コネクティッドおよび制御された照明技術の登場が、ランプや照明器具の需要を押し上げた。例えば、PhilipsのHue Lightingは、スマートフォンのHueアプリを利用して制御を可能にする全範囲の照明を供給するスマートホーム照明システムである。

スマートおよびWi-Fi対応電球に対する増加する嗜好が、予測期間に市場の成長を促進する際立つ要素の1つとして登場すると見られている。

LED照明市場調査の要点
・豪華なホテル、オフィス、住宅で美観を促進する様々な製品タイプに対する需要増が市場の成長に寄与している。
・ランプセグメントは、予測期間に最高CAGRが見込まれている。住宅と商用分野が主に、A-type、 T-type、R-type、と B- & C-形状壁およびテーブルランプの需要を後押ししている。これは、見て心地よい美観と屋内外を強化する様々な照明機能によるものである。
・APACが、予測期間に、収益シェアと成長率で市場をリードすると予測されている。
・APAC市場の成長は、中国、インド、インドネシア、日本、ベトナムなどの諸国における大規模ホテル、モールおよび商用スペースによるものである。
・ほとんどの主要プレイヤは、住宅、商用、産業用アプリケーションに多くの製品を供給している。
・この市場のベンダは、市場シェア向上のために無機的成長戦略に依存している。
・例えば、Signify Holdingsは、製品ポートフォリオと地理的拠点を拡大するためにGE LightingとPhilipsを買収した。
(詳細は、https://www.grandviewresearch.com/)