All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のハイスピードカメラ市場、2025年に6億8320万ドル

April, 8, 2021, New York--Zion Market Researchの調査によると、世界のハイスピードカメラ市場は、2018年に約2億7600万ドル規模だったが、予測期間にCAGR 7.3%で成長し、2025年には6億8320万ドルに達する見込である。
 M&A、製品ポートフォリオ拡張、地域拡大、提携、契約などのアプローチが、市場プレゼンスとシェア改善のために実行されている。

小型、軽量高速カメラが世界市場成長を牽引する見込
 世界のハイスピードカメラ市場は、小型で軽量なハイスピードカメラの訴求力向上が主な成長原動力になっている。さらに、エンタテーメントやメディアでハイスピードカメラのエスカレートした利用も予測期間に市場の成長を後押しすると見られている。加えて、ハイスピードカメラは、産業製造での実装が増加しており、これが市場の拡大を促進する。また、高解像度、画像処理、フレームレートなどの能力向上により、スポーツ分野からハイスピードカメラの要求が増加しており、これが市場成長を後押しすると見られている。しかし、高い製品コストが、ある程度、市場の成長を阻害するとも見られている。

予測期間にAPACがかなりの成長率
 世界のハイスピードカメラ市場は、フレームレート、用途、スループット、解像度、アプリケーション、スペクトル、コンポーネント、機能性、接続性および地域に基づいて分けられている。地域的には、世界のハイスピードカメラ市場は、予測期間にAPACが優位を占めると見られている。これは、製造ハブとして急速に進む産業化と変化、特にインドと中国における変化によるものである。さらに、この地域の製造分野に世界からの投資が増加しており、これが製品ラインのより優れたモニタリングのエスカレートしたニーズを生み出しており、この地域の市場成長を一段と刺激している。

 市場の主要プレイヤは、DEL Imaging、WEISSCAM GMBH、Olympus Corporation、NAC Image technology、iX Cameras、Mikrotron GmbH、Vision research Inc.、Photron、Motion Capture Technologies、and Fastec Imaging