All about Photonics

Business/Market 詳細

WDM市場、2027年に56億1000万ドル

March, 29, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「波長多重装置(WDM)市場、タイプ、業種: 機会と分析、業界予測、2020-2027」によると、世界のWDM産業規模は、2019年の35億6000万ドルからCAGR 6.4%成長で、2027年に56億1000万ドルに達する見込である。APAC地域が、予測期間に世界のWDM市場への主要な貢献者、これに北米とヨーロッパが続く。

世界のWDM市場シェアは、予測期間に著しい成長が見込まれている。大容量ネットワークと効果的な通信に対する需要増、インターネットユーザ数と世界的なネットワークトラフィックの増加、通信アプリケーションの増加などの要素が、市場の成長を後押ししている。加えて、新製品の発表がWDM市場を繁栄させると見られている。しかし、ダークファイバネットワーク関連のコストが、市場の成長の障害となる。それに対して、先進的ネットワークインフラストラクチャの登場、クラウドやIPトラフィックの増加が、WDM市場成長に有利な機会を提供すると見られている。

調査の要点
・DWDMセグメントがWDM市場で優位を占めており、予測期間に成長率に関して有利と見られている。
・APACが、2019年WDM市場シェア50%を超えた。
・IT&テレコムが予測期間に最高成長率となる見込。
・中国は、2019年、約50%の市場シェアでAPAC WDM市場の主要なシェアホールダだった。
(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)