All about Photonics

Business/Market 詳細

PGW Precision Graniteの株をPI社が100%取得

PI-Press-Release-PGW-Granite

March, 29, 2021, Karlsruhe--高精度位置決め技術とピエゾアプリケーションのマーケットおよびテクノロジーリーダーであるPhysik Instrumente(PI)社は、日本のピー・ヂー・ダブリュー株式会社の株式を100%取得した。ピー・ヂー・ダブリュー株式会社 2021/2/25を以て株式譲渡が完了した。

日本航空宇宙技術の中心地である岐阜県にあるピー・ヂー・ダブリュー株式会社は、グラナイトの石定盤の加工技術とそれを用いた位置決めシステムを設計製造する能力を有している。これら二つのスキルは、PI社デザインセンタのグローバルネットワークを構築するというPIの企業戦略に完全に合致している。中期的には、ピー・ヂー・ダブリュー株式会社もこのネットワークに加わる予定。将来的にはPIの位置決めシステムをピー・ヂー・ダブリュー株式会社で組み立てることも計画されている。

グラナイトには、熱や振動を吸収する独特の特性がある。ピー・ヂー・ダブリュー株式会社では、最高レベルの平坦度を持ったグラナイトの石定盤を製作することが可能。これらの石定盤は、半導体、ライフサイエンス、フォトニクス、産業オートメーションの分野において、高い精度が必要なアプリケーションに用いられる。Physik Instrumente社のCEO、Markus Spannerは、 「ピー・ヂー・ダブリュー株式会社の参加により、当社のポートフォリオ全体で位置決めシステムを提案してゆく可能性を広げ、成長市場であるアジアへの拡大を強化することができると考えている」 と話している。

(詳細は、https://static.pi-japan.jp)