All about Photonics

Business/Market 詳細

VR市場規模、CAGR 18.0%成長で2028年に696億ドル

March, 18, 2021, San Francisco--Grand View Research, Incによると、世界の仮想現実(VR)市場は、2021-2028の期間にCAGR 18.0%成長で、2028年までに696億ドルに達する見込である。
 過去数年の技術進歩により、VRとARによるデジタル的没入環境で:現実世界を体験することが実現可能になった。COVID-19パンデミックにより、VR対応プラットフォームやツールが急増。特に、教育とeコマース分野である。VR技術は多くの企業に、潜在的顧客をビジネスに引き寄せる新技術とチャンスを提供した。

eコマーマ産業は、仮想的に衣服、アクセサリを試し、顧客の適切な購入決定を支援する機能を提供している。さらに、コロナウイルス拡大抑制のために、教育機関の一時的なシャットダウンにより、大学の学期はVRベースオンラインプラットフォームにシフトせざるを得なくなった。VR技術により医療専門家もオーディオ・ビジュアルツールによりトレーニングや処置を実施できるようになった。世界市場成長の主因は、複数の産業で自動化や人工知能(AI)の採用が進んでいることである。

VRデバイスとスマートフォンの普及増が没入体験を増強すると期待されている5Gネットワーク帯域の始まりも、市場の成長を促進すると見られている。ヘルスケア、小売、教育、製造、自動化、不動産、ツーリズムなど、様々な産業が、それぞれのビジネスに恩恵をもたらすことが証明されている複数のVRベースソフトウエア/デバイスを導入している。例えば、UAEの高級リゾート、Atlantis、The Palm Dubaiは、その潜在顧客に、VR 360ツールでリゾート環境を体験する機会を提供している。視聴者に、没入、本物そっくりの光景を提供することができる。

VR市場調査の要点
・スマートフォンとハードウエアのイノベーションは、最先端のVR適応ヘッドセットと組み合わせて、2021-2028年に市場を牽引すると見られている。
・HMDセグメントは、2020年にトータル市場シェアが60.0%を超えた。
・半&完全没入技術セグメントは、2020年に最大収益シェアであり、予測期間に大きく成長する見込である。
・この成長は、シミュレートされる領域にリアルな次元を付与する技術力によるものである。
・2020年、APACが約40.0%の最大市場シェアだった。予測期間を通じてAPACは、そのリードを維持すると見られている。