All about Photonics

Business/Market 詳細

量子コンピューティング市場、2026年に17億6500万ドル

February, 18, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「量子コンピューティング市場、COVID-19の影響、提供品(システムとサービス)、導入(オンプレミスとクラウドベース)、アプリケーション、技術、エンドユース産業および地域、2026年までのグローバル予測」によると、2021年の市場は4億7200万ドル、予測間にCAGR 30.2%で成長し、2026年には17億6500万ドルに達する見込である。
 銀行および金融分野における量子コンピューティグの早期採用が世界的に市場の成長を後押しすると見られている。市場の成長に貢献する他の大きな要因に含まれるのは、量子コンピューティング技術に関わるR&D活動を実行するために様々な国の政府による投資の増加。複数の企業が、COVID-19後、QCaaS採用に焦点を当てている。これは、量子コンピューティング市場の成長に寄与すると期待されている。しかし、安定性とエラー補正問題が、市場の成長を抑制すると予測されている。

サービスセグメントが、量子コンピューティング市場で最大シェア
 サービスセグメントの成長は、世界中でスタートアップの数が増えたことが原因。スタートアップは、量子コンピューティング技術関連のR&D活動に投資している。この技術は、最適化、シミュレーション、マシンラーニングアプリケーションに利用されている。それによって、様々なエンドユース産業で最適利用コストや高効率オペレーションにが可能になる。

今後数年、量子コンピューティング市場ではクラウドベースの導入の伸びが最高になる見込。
 非常に強力なシステムの導入により、クラウドベースの量子コンピューティングとサービスの需要が伸びると予測されている。これは、今度は、サービスプロバイダには大きな収益源になる。ユーザは、実世界の問題を解決できるNISQシステムへのアクセスの対価を払う。急速に進歩する量子コンピューティングシステムの限られた寿命は、クラウドサービスプロバイダ有利である。ユーザに提供されるアクセスの柔軟性は、クラウドベース量子コンピューティングシステムとサービス導入を促進するもう1つの要因。見通せる近い将来、量子コンピュータは、ポータブルになる見込はない。クラウドにより、ユーザはラップトップから様々なデバイスやシミュレータにアクセスできる。

最適化が量子コンピューティング市場全体で大きなシェア
 最適化は、量子コンピューティングで最大のアプリケーションであり、量子コンピューティング市場全体で大きなシェアを占める。D-Wave Systems、Cambridge Quantum Computing、QC Ware、および1QB Information Technologiesなどの企業は、最適化アプリケーション向けに量子コンピューティングシステムを開発している。Networked Quantum Information Technologies Hub (NQIT)は、量子コンピューティング技術の実用的なアプリケーションが直面する問題を解決するための最適化ソリューションの組込を広げている。

イオントラップ型セグメントが、予測期間に最高CAGRで成長
 イオントラップ型セグメントの市場が、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。トラップイオンベースの量子コンピューティングシステムが、他の技術に基づいたシステムよりも安定性と接続性が優れているからである。IonQ、Alpine Quantum Technologies、および Honeywellが、量子コンピューティングシステムでイオントラップ技術を利用する数少ない企業。

銀行と金融が予測期間に量子コンピューティング市場で大きなシェア
 銀行と金融エンドユース産業では、量子コンピューティングは、リスクモデリングやトレーディングアプリケーションに利用されている。株式市場リスクを判定することで市場不安定性の検出、取引軌跡、ポーフォリオ、資産評価とヘッジの最適化にも利用されている。金融領域は、理解が難しいので、量子コンピューティングアプローチは、銀行・金融エンドユース産業の複雑さをユーザが理解する際に役立つと見られている。さらに、トレーダーには、経済問題克服のソリューションを提供することで有用である。

APACが予測期間に量子コンピューティング市場の最高成長
 APAC地域は、ヘルスケアや製薬、銀行・金融、化学を含む産業の主要ハブである。中国、日本、韓国などの諸国は、スマートフォン、ラップトップ、ゲーミングコンソールを含むコンシューマエレクトロニクスのAPACの主要生産国。これらの産業では、最適化、シミュレーション、マシンラーニングアプリケーションにおける複雑さ解決要求がある。APACの新興経済による大規模開発、製造分野における先端技術の利用増が、この地域の大企業、中規模企業の発展に寄与している。これは、今度は、APACにおける量子コンピューティングサービスやシステム需要を促進することになる。