All about Photonics

Business/Market 詳細

ARトータル市場規模、2025年には1400億ドルを超える

February, 18, 2021, New York--ABI Researchによると、拡張現実(AR)市場は、2025年には市場規模は1400億ドルを超える見込である。

「過去数年、企業の利用がAR会話の主流を占めてきたが、流れは変わりつつある。世界規模で市場をシフトできる技術系企業の全てが、すでにARに直接関与しており、多くは次の2~3年でより専用化されたARハードウエアに取り組む計画である」とABIリサーチ調査ディレクタ、Eric Abbruzzeseは見ている。「これは、究極的には、主流AR市場を企業から消費者にスイッチすることになり、競争と成熟の高まりから双方に恩恵をもたらす」。

ARハードウエアとコンテンツ周囲の成長パターンは、次の5年でこれを支持する見込である。小売&マーケティングとともにメディア&エンターテインメントは最速成長業種。コンシューマソフトウエア&コンテンツおよびAR広告が、最速成長市場セグメントである。「すなわち、企業の成長は減速しているのではない。ヘルスケア、AEC、製造および自動車は全て、2025年まで70%から90%の間の成長が有望視されている。消費者市場に見られるような急速なユーザの出現はないが、その市場から来るハードウエアオプション増加が、採用を後押しする。同様に、ARコンテンツや技術に関する高い親しみやすさも拍車をかける」とAbbruzzeseは説明している。

AppleのARエコシステムは、今日では、非常に成熟しており、フラッグシップiOS製品のARフォーカスLiDAセンサとARKitは、コンテンツタイプでエクスペリアンスを可能にする。Googleは、先頃、スマートグラスメーカーNorthを買収した。Googleは、エンタプライズソリューション向けの自社Glassおよびコンテンツ使用可能にするARCoreを持っている。Facebookは、同社Reality LabsブランチからのAR取組継続を発表しており、2021年のスマートグラス計画も発表している。
(詳細は、https://www.abiresearch.com/)