All about Photonics

Business/Market 詳細

フォトニクス市場、2025年に8378億ドル

February, 16, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「フォトニクス市場、タイプ(LED、レーザ、ディテクタ、センサとイメージングデバイス、光通信システム&ネットワーキングコンポーネント、コンシューマエレクトロニクス&デバイス)、アプリケーションエンドユース産業、地域、2025年までのグローバル予測」によると、2020年市場は、推定で5937億ドル、2020-2025年にCAGR 7.1%成長で、2025年に8378億ドルに達する見込である。
 フォトニクス市場は、ヘルスケア分野、情報&通信分野、産業分野におけるフォトニクス対応製品のアプリケーション増加に後押しされている。

LEDセグメントがフォトニクス市場で最大タイプ
LEDセグメントは、フォトニクス市場全体で最大シェア。LED製品は、エネルギー効率がよく、手頃な価格で入手できる。照明やディスプレイアプリケーションにおけるLEDの利用増が予測期間に需要を促進する。APACは、2019年、LED製品タイプセグメントで最大市場シェアだった。省エネ対策が、一般照明、自動車、バックライトなどのアプリケーションからの需要激増の原動力。

情報&通信技術がフォトニクス市場で最大アプリケーション
アプリケーションでは、フォトニクス市場は、7エンドユースアプリケーションに分けられている。ディスプレイ、情報&通信技術、フォトボルテイック、医療技術&ライフサイエンス(バイオフォトニクス)、計測&自動化ビジョン、照明と製造技術。

情報&通信技術アプリケーションでは、フォトニクス技術は、データ生成、変換、データ伝送やストレージ、データ変換、データ利用でかなり利用されている。これらのプロセスの各々で利用されるデバイスは、フォトニクス材料&コンポーネント産業の一部である。また、フォトニクスを利用するこれらのプロセスに基づいたサービスも存在する。フォトニクス材料&コンポーネント産業に含まれるのは、データ変換に利用されるデバイス、増幅器システム、光変調システム(変調器、スイッチ、ルータ)、ファイバオプティックケーブル。

APACが予測期間に最大市場シェア
 APACは、フォトニクスの最大市場になると予測されており、予測期間に最速CAGRと予想されている。中国は、2025年までにAPACで最大シェアを占めると見られている。フォトニクス対応アプリケーションの増加、産業活動、フォトニクスの最終利用産業への投資、APAC諸国における労働コストがフォトニクス市場の主要原動力である。