All about Photonics

Business/Market 詳細

自律移動ロボット市場規模、2027年に83億ドル

January, 14, 2021, Amsterdam--Grand View Researchのレポートによると、世界の自律移動ロボット(AMRs)市場規模は、2027年に83億ドルに達する見込である。2020-2027年にCAGR 19.6%で成長する。AMRsは、材料ピッキング、ハンドリング、分類など製造と流通に一般的に関連する作業でパラダイムシフトを起こす。これらのロボットは、すべての特別な流通、製造ファシリティで、原材料や製造された製品の信頼度の高い取扱を保証する。これにより運用の中断可能性を排除する。AMRsは、一般に様々タイプのセンサ、LiDARセンサなどを装備して、装置やワーカーの間を安全にナビゲートする。

製造および流通ファシリティは、ピッキング&パッキング、移動、製品の分類などの作業で材料取扱自動化システムを積極導入している。運輸&流通産業の企業は特に、増え続ける需要に合わせて製造や流通業務強化の一環としてAMRsを導入している。例えば、2020年4月、米国のUSP宅配便(United Parcel Service of America, Inc.)は、サプライチェーンソリューションプロバイダSofteonと提携して、倉庫システムWarehouse Execution System (WES)を立ち上げた。WESは、自律移動ロボット機能を活用して、受注をより効率化する。

市場は、非常に競争が激しく、メーカーは、競争力をつけるために様々な戦略的取組を追求している、例えばM&AやR&D。2019年10月、米国のロボット会社Teledyneは、AutoGuide Mobile Robotsを1億6500万ドルで買収した。同社のモジュラーアーキテクチャと革新技術を活用して、自律移動ロボット市場に事業を拡大することが狙いである。

調査のハイライト
・在庫管理で材料取扱自律ソリューション採用は、様々な産業で大きく増加している。
・流通業の現行企業におけるAMRsの採用増は、ファシリティ内の中間品の移動のためであり、これが市場を牽引すると予測されている。
・製造エンドユースセグメントは、2019年に最大収益シェアだっか。予測期間を通じてその主位は揺るがないとみられている。
・この成長は、。製造分野におけるAMRs採用増によるものである。AMRsのメンテナンスや調達に関連するコストは、スタッフのサラリーや関連する手当のコストよりも大幅に少ないからである。

(詳細は、https://www.grandviewresearch.com/)