All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dマッピングとモデリング市場、2025年に76億ドル

January, 12, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dマッピングとモデリング市場、コンポーネント(ソフトウエアツールとサービス)、3Dマッピングアプリケーション、3Dモデリングアプリケーション、業種(政府と防衛、エンジニアリングと建設、運輸と物流)、地域、2025年までのグローバル予測」によると、2020年の市場規模、38億ドルから、CAGR 15.0%成長で、2025年に76億ドルに達する見込である。
 3Dマッピングとモデリング市場成長の主因は、モバイルアブケーション、ゲーム、先進的鑑賞体験の映画、3Dスキャナ、3Dセンサ、他の取得デバイスの技術進歩、3Dコンテンツの普及拡大、より優れたナビゲーション体験向け3D対応ディスプレイデバイスの登場。さらに、AIやML技術により3Dコンテンツ精度強化、HD 3D視聴顧客経験が3Dマッピングとモデリング市場の複数の業者で、企業の活躍の機会が見込めること。

予測期間中、サービスセグメントが高成長
コンポーネントベースでは、3Dマッピングとモデリング市場は、ソフトウエアツールとサービスに分けられている。サービスは、予測期間に相対的に高い成長が見込まれている。3Dマッピングとモデリング市場の機能で重要な役割を担っている。ベンダが、これらのソフトウエアツールの効果的な導入を行うために、技術サポートサービスとコンサルティングサービスを要求するからである。サービスは、より迅速で滑らかな実装を保証する。これは企業の投資価値の最大化を可能にする。サービスは、技術ソフトウエア導入における不可欠のステップであり、ソフトウエアツールとサービスプロバイダが対処する。サービスは、3Dマッピングとモデリングソフトウエアツールのエンド・ツー・エンド導入とメンテナンスを保証し、導入前と後の疑問にも対処する。こうしたサービスは、企業が設計、導入、採用およびトレーニングを通じて運用の計画と戦略を練る際に役立つ。

レポーティングと仮想化セグメントが予測期間に最高CAGR成長
3Dマッピングアプリケーションによる3Dマッピングとモデリング市場では、レポーティングと仮想化が、予測期間に最高CAGRを記録する見込である。3Dマッピングとモデリング市場は、3Dマッピングアプリケーション、検査、計測、オブジェクト再構築、プロジェクションやナビゲーション、仮想化およびその他(災害、インフラストラクチャ、資産、資産管理)に基づいて分けられている。3Dコンテンツの仮想化改善要求が増加している。これが、レポーティングや仮想化アプリケーションの成長を促進する。仮想化は、3Dソフトウエアを利用してグラフィカルコンテンツを作るプロセス。その技術は、高品質デジタルコンテンツ作成のために組織が取り入れつつある。3Dアーティストが、産業利用可能、壮大な視覚化を実現する際に役立つ。3Dマッピング介して達成されるリアルタイム活性化により、顧客はデザインやモデルを一層よく理解できるようになる。

予測期間に北米が最大市場を維持
北米は、予測期間に世界の3Dマッピングとモデリングで最大市場規模を維持するとみられている。北米における3Dマッピングとモデリング市場の成長を促進する主因は、顧客維持戦略強化のために、改善された顧客視聴体験に対する要求増。ヨーロッパは、予測期間に市場規模と市場シェアでNo.2の位置。内部と外部の通信モニタリングに関わる企業の仕事量減の要求が増えており、これがヨーロッパでは3Dマッピングとモデリングソフトウエアツール採用を促進している。APACは、予測期間に最速成長率を記録する見込である。3Dマッピングとモデリング市場は、APACでは予測期間にソフトウエアツールのかなりの開発と導入が見込まれている。様々な地域におけるプレイヤ数の増加が、3Dマッピングとモデリング市場の成長をさらに押し上げると見られている。