All about Photonics

Business/Market 詳細

UV/可視光分光市場、2025年までに12億ドル

November, 16, 2020, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「UV/可視光分光市場、計器タイプ(シングルビーム、デュアルビーム)、アプリケーション(学術アプリケーション、産業アプリケーション)、エンドユーザ(製薬&バイオテクノロジー会社、学術&研究機関)、2025年までのグローバル予測」によると、市場は2020年の10億ドルからCAGR 4.7%成長で、2025年までに12億ドルに達する見込である。
 市場成長を後押しする主因は、環境スクリーニングUV/可視光分光アプリケーション、製薬&バイオテクノロジー産業におけるUV/可視光分光の利用増、技術進歩、商品分析での需要増。

2019年、計器タイプではデュアルビームシステムが最大シェア
 計器タイプベースは、UV/可視光分光市場は、デュアルビームシステム、シングルビームシステム、アレイベースシステム、ハンドヘルドシステムに分けられている。2019年、デュアルビームシステムセグメントが市場で最大シェアを占めた。このセグメントは、予測期間に最大CAGRを記録するとも予想されている。デュアルビームシステムは、データ収集で高レベルの自動化を可能にする。デュアルビームシステムが提供するそのような利点は、UV/可視光分光市場で、その採用増に寄与している。

産業アプリケーションが予測期間に最大CAGR成長
 アプリケーションベースでは、UV/可視光分光市場は、学術と産業アプリケーションに分けられている。産業アプリケーションセグメントは、2019年に最大シェアを占めた。高スループットスクリーニング、微用量サンプリング、計測器の自動化とソフトウエア組込を可能にした計測器の技術進歩が、産業アプリケーションへのこの分析技術の採用増の主因である。

製薬とバイオテクノロジー会社が予測期間に最大シェア
 エンドユーザセグメントでは、市場は、製薬&バイオテクノロジー会社、学術&研究機関、農業&食品産業、環境試験研究所に分けられている。製薬&バイオテクノロジー会社がこの市場の最大シェアだった。このセグメントの大きなシェアは、バイオテクノロジー研究におけるイノベーション、製品パイプラインを拡大するために製薬とバイオテクノロジー会社重視が強くなったことなどが要因である。

予測期間に北米がUV/可視光分光市場で優位を占める
地理的には2019年、北米がUV/可視光分光市場で優位を占めた。一方、APAC地域は、予測期間に最高CAGR成長が予想されている。この地域の高成長は、環境問題が増加していること、食品分析需要の増加、技術的に進歩した製品を採用する必要性が高まっていることによるものである。

UV/可視光分光市場における主要プレイヤは、島津製作所(日本)、Agilent テクノロジー(US)、Thermo Fisher Scientific, Inc. (US)、PerkinElmer, Inc. (US)。