All about Photonics

Business/Market 詳細

フォトダイオードセンサ世界市場、2026年に9億6210万ドル

July, 30, 2020, Maharashtra--Zion Market Researchの調査によると、フォトダイオードグローバル市場は、予測期間にCAGR 6.9%成長で、2026年までに9億6210万ドルに達する見込である。アジアパシフィック(APAC)が世界のフォトダイオードセンサ市場の約30%を占めていた。これは、主に同地域のファイバオプティク通信の発展によるものである。これに加えて、広範な一連のアプリケーションでハイパースペクトル技術の普及増が、今後数年でフォトダイオードセンサのグローバル市場成長の原動力となる。

医療品で光センサ需要増が市場成長を促進
 医療品や様々な発展途上国のオートメーション産業における光センサ需要増、スマートフォンやタブレットなどのハンドヘルド機器の利用増が、フォトダイオードセンサの世界市場成長を牽引している。これだけでなく、ウエアラブル技術の普及増、特に産業アプリケーションやリモートヘルスモニタリングでの普及が進んできた。フォトダイオードセンサは、高性能、集積機能、高速応答、高信頼など、他にない機能を持つ。また、日常生活におけるオートメーションの利用増により、世界市場は新たな成長の道に入る。

数量と収益の両方でAPACが世界市場を支配
 地域的には、フォトダイオードセンサのグローバル市場は、中東&アフリカ、北米、APAC、ヨーロッパおよび南米に分けられている。APACは、数量と収益の両面でフォトダイオードセンサ世界市場で優位に立っている。ヨーロッパや北米など先進地域市場は、適度に確立された市場である。APACにおけるエリア見通しは、見たところ明確である。同地域は、グローバル市場の予測期間に注目に値するシェアを獲得する見込みである。これは、同地域における主要経済の際立つ発展によるものである。それを後押しするのは、政府の政策、経済発展をサポートするための投資である。南米および中東&アフリカ市場は、今後数年、他の地域と比較して緩慢な発展が予測されている。

(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com)