All about Photonics

Business/Market 詳細

光トランスポート市場、約180億ドルに拡大

July, 29, 2020, Redwood City--Dell’Oro Groupの見方によると、光トランスポート市場、帯域の基本的な推進力は持続する、またその金額も最近のパンデミックによって拡大された。結果的に、Dell’Oro Groupの予測では、主にDWDMシステムで構成される光トランスポート市場は、2020年、さらに今後5年で拡大し、約180億ドルに達する見込みである。とは言え、供給、流通およびインストレーションに関連する短期的課題が存在する。

800 Gbps対応ラインカードへの移行はDWDMで急速に進む
 800Gbps対応ラインカードは、2020年早期に出荷が始まった。さらに複数のベンダが製品を発表するので、今年中に量産が見込まれている。Dell’Oro Groupの予測では、2024年までに約30%の波長出荷は、800Gbps対応ラインカードによるものとなる。これらラインカードの半分以上は、400Gbpsで使用される見込みである。

Dell’Oro Groupの予測では、800Gbpsに続く次の波長速度は、1200Gbps(1.2Tb/s)となる。過去のコヒレントDSP発表と最初のラインカード出荷のタイミングに基づいて、同社は1.2Tb/s対応ラインカードは、2023-2024の期間に市場に出てくると見ている(しかし、2024年の可能性が高い)。

他の市場トレンド
・データセンタインタコネクト(DCI)向け光トランスポート装置需要は、いずれ近いうちに曲がり角に達する見込みである。
・ディスアグリゲートWDMトランスポンダユニットの販売は、成長のブライトスポットであり、年に二桁パーセンテージで成長する。
・400ZRは、市場の成長を和らげる。
(詳細は、https://www.delloro.com/)