All about Photonics

Business/Market 詳細

データセンタオペレータ、高速化と相互接続性を追求

624557

July, 21, 2020, London--Omdiaの調査によると、データセンタネットワークオペレータは、ネットワーク運用で重要と考える必須機能リストを集めている。これは、業界に供給しているベンダにとって貴重なガイドになる。

「DCオペレータの話によると、ポート速度増、相互接続性強化、アプリケーションアウェアネス、人工知能(AI)のサポートを含む強化を提供してくれるようにベンダに要望している」とOmdia主席アナリスト、Devan Adamsは説明している。

Omdia Data Center Network Strategies & Leadership North American Survey – 2019(北米の調査)によると、DCオペレータは、以下のような新しい機能を求めている。
・ポート速度増-ほとんど思考を要しないアップグレード決定。これは、エンタプライズがネットワークを進化させて競争力を維持するために極めて重要。
・相互接続性-よりオープンで、標準ベースの装置を利用することは、ネットワークが多様化するにつれて、ユーザにとってますます重要になってくる。このトレンドは、Open Compute Project(OCP)認定製品とも一致している。これは、Omdiaが、Data Center Network Equipment Market Tracker – Q4 2019レポートで調査した現象である。
・アプリケーションアウエアネスと仮想マシンの動きを自動追跡-データセンタトラフィックが中央DCsからエッジにルーティングされることが多くなるにつれて、またネットワークユーザが、物理的なDC位置とは独立している、コンピュートおよびストレージでデータをモニタする必要があるので、これらの要素は、重要である。
・AIサポート-回答者はAIが約束する利点に夢中になっている。また、ネットワークがMLやDLからの増え続けるリソース集約的なトラフィック量に対処する方法を改善する技術に強いあこがれを抱いている。

データセンタサイトは引き続き課題に立ち向かう
調査回答者は、DCsへの投資を継続し、2019-2021年の間に平均DCサイト数を約3倍にする計画である。回答者のDCサイト拡張原動力となっているのは複数の要因。10以下のサーバの多くの小規模サイトを2021年までにサーバ総数を10以上にすることが含まれる。他の要素に含まれるのは、DCsエッジに配置されている平均サーパ数のを増やして、低遅延要求に応えること、あるデータを国境内にとどめるように要求する地方政府の規制。

 DCトラフィックは、複数の要因で急増している。アプリケーション性能の改善要求、AI、ML、ビッグデータを含む新しい画期的なサービスへのアクセス高速化などが含まれる。DCトラフィック増と並行して、DCサイトに対する要求は増えている。

(詳細は、https://technology.informa.com)