All about Photonics

Business/Market 詳細

戦術オプティクス市場、2025年に130億ドル

May, 26, 2020, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「戦術オプティクス市場、製品(兵器スコープ&照準器、ハンドヘルド照準器、カメラ&ディスプレイ)、プラットフォーム、アプリケーション(ISR、標的捕捉 & 識別、国境& 沿岸パトロール)、最終利用、範囲、地域ごと、2025年までのグローバル予測」によると、市場は2020年の97億ドルから、2020-2025年にCAGR 6.1%成長で、2025年には130億ドルに達する見込である。市場の成長は、主に世界の軍隊による装甲車、回転翼航空機、マシンガン、航空機調達増、様々な国々で海軍プラットフォームの近代化進行によるものである。

空中プラットフォームセグメントは、予測期間に最高CAGRとなる見込
 プラットフォームでは、空中セグメントが、2020-2025年に最高CAGRを記録すると予測されている。これは、偵察と攻撃用無人航空機(UAVs)の利用増、またインド、中国、サウジアラビアなどの国々による戦闘機や戦闘ヘリコプタの調達増によるものである。

有人プラットフォーム最終利用セグメントは、予測期間に戦術オプティクス市場の成長につながる。
 最終用途では、有人プラットフォームセグメントが、予測期間に戦術オプティクス市場をリードする。このセグメントは、ライフルスコープ、双眼鏡、暗視ゴーグル、熱兵器照準など、戦術オプティクスの高需要によるものである。US、サウジアラビア、インド、中国、韓国などの国々による歩兵への巨額投資が、市場全体を牽引している。

北米が予測期間に、戦術オプティクス高成長市場となる見込
 北米の戦術オプティクス市場は、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。米国陸軍、海軍、空軍による多数の近代化プログラムが、この地域の戦術オプティクス市場の成長の原因である。
(詳細は、https://www.marketsandmarkets.com/)