All about Photonics

Business/Market 詳細

ダークファイバネットワーク市場規模、CAGR 12%成長

May, 19, 2020, San Francisco--Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界のダークファイバネットワーク市場規模は、予測期間にCAGR 12%成長で 2027年に推定で112億2000万ドルに達する見込である。
 市場は、通信とネットワーク管理強化に注目する様々な組織にとって持続可能なソリューションとして登場してきた。その期間に、継続的に浸透するインターネットサービスが、インターネット帯域需要拡大に道を開いた。これは、市場の成長を牽引する最も大きな要因である。これらのネットワークは、オペレーションで大量のデータフローを持つ組織にとって極めて有益である。これらの利益に含まれるのは、ネットワーク遅延の低減、拡張性、信頼性、セキュリティの強化である。

光ファイバ通信では、プロバイダまたはキャリアによってまだサービスに利用されていない光ファイバケーブルがダークファイバ、またはアンリットファイバ(サービスに使用していない)と言われる。ネットワーク通信とテレコムは通常、ネットワークを利用する。普通のファイバネットワークでは、情報は光パルスでケーブルに送り込まれる。それに対してダークファイバネットワークは「ダーク」として知られている。光つまりデータが伝送されてないからである。

ダークファイバネットワークは、単にビジネス目的として利用されるだけでなく、地下や海底にもインストール可能である。ダークファイバの興味深い利用例の中には、地震研究、永久凍土層のモニタがある。現在、大規模ダークファイバネットワークは、メトロポリタン都市部でしか利用できず、小都市や町ではまだ利用できない。

ダークファイバネットワーク市場調査の要点
・DWDMの大きな利点には、光ファイバの帯域増、高品質インターネット性能、高速インターネット、セキュアで強力なネットワークが含まれる。
・テレコムは、通信やデータ伝送サービスで5G技術の普及が進むため、成長が見込まれている。
・医療、軍事、航空宇宙アプリケーション分野に大きな成長が予測されている。これは光技術機器の普及が進んでいるためである。
・APACは、最速成長が予測されている。技術の進歩、ITと通信および管理部門でその技術の大規模導入によるものである。

(詳細は、https://www.grandviewresearch.com/)