All about Photonics

Business/Market 詳細

データセンタインタコネクト市場、2025年に140億ドル

April, 27, 2020, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「データセンタインタコネクト市場、タイプ(製品、ソフトウエア、サービス)、アプリケーション(リアルタイムディザスタリカバリとビジネスコンティニュイティ、ワークロード(VM)とデータ(ストレージ)モビリティ)、エンドユーザ、地域、2025年までのグローバル予測」によると、市場は2020年に79億ドル、2020-2025年にCAGR 12.1%成長で、2025年には140億ドルに達する見込である。
 クラウドへの移行、世界経済のボーダーレス化促進、期待される5Gおよびアプリケーションの普及などが、データセンタインタコネクト産業の成長を後押しする要因である。

マネージドサービス市場が予測期間に成長率が高い
 マネージドサービスは、複数の利点があることから、平均を上回る成長が予測されている。顧客のITインフラストラクチャやエンドユーザのシステムの遠隔管理は、一般には先を見込した、また予約モデルである。サービス市場は、予測期間に最高成長率が見込まれている。サービスが重要な目標達成に役立ち、また内部計画や制御プロセスの改善のためのスキルセット開発、顧客のITインフラストラクチャやエンドユーザのシステムの遠隔管理のためのスキルセット開発に役立つ。

2019年のデータセンタインタコネクト市場では北米が最大シェア
 北米は、2019年データセンタインタコネクト産業で最大シェアを占めた。様々な業種でデータセンタ利用の拡大、同地域で最新技術の早期採用増が、この地域の市場を牽引すると予測されている。Amazon Web Services (AWS)、Google、および Microsoftなど複数の米国企業がデータセンタ建設への投資を増やしている。米国ではデータセンタが生成される大量のデータを管理しており、したがって市場の成長は米国が後押ししている。米国のデータセンタにおける光インタコネクトの広範な利用は、この地域の市場でもう一つの成長因である。