All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートマニファクチャリング市場、2025年までに3848億ドル規模に

April, 20, 2020, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「スマートマニファクチャリング市場、実現技術(状態モニタリング、人工知能、IIoT、デジタルツイン、産業3Dプリンティング)、情報技術(WMS, MES, PAM, HMI)、産業、地域、2025年までのグローバル予測」によると、市場は2020年に2147億ドル、2020-2025年にCAGR 12.4%で成長し、2025年には3848億ドルに達する見込である。
 市場成長を促進する要因は、Industry 4.0の普及増、製造工程における産業オートメーションの協調、産業オートメーションサポートへの政府の関与増、サプライチェーンの複雑さの増加、時間とコストを低下させるソフトウエアシステムへの要求急増。

予測期間を通じてIIoTが最大シェア
IIoTは、様々なアルゴリズムや分析の助けを借りて収集データの効果的分析を可能にする。モノのインターネット(IoT)技術は、製造業を含め、様々な産業の運用を変革した。IIoTは、工場における自動化を強化する広範なインテリジェント機器を接続することで製造工場を変革しつつある。IIoTは、データ量の増加とともに製造業を変革すると予測されている。データは、工場フロアからサプライチェーンまでエンタプライズ全体で共有される。IIoTは、接続性、効率スケーラビリティ、産業にとっての時間とコストの削減促進を可能にする。例えばSCADA(監視制御とデータ収集)システムとIoT技術は相互補完的である。IoTは、第4世代SCADA(supervisory control and data acquisition)システムと考えられている。ビッグデータと分析学が計測とSCADAデータを統合し、製造プロセス中に生成されるデータの分析と精査を可能にしている。産業オートメーションの連続的進化は、エンドユーザに、利益性向上と効率の改善に関して大きなメリットをもたらすと考えられている。SCADAシステムからの情報は、IoTにとってデータ源となる。SCADAは、モニタリングと制御に集中し、一方IoTは生産性向上のためにマシンデータを分析する。

2019年、生産実行システムは情報技術によりスマートマニュファクチャリング市場で2番目に大きなシェア
 製造業は、クラウドなど、先進的技術の採用を進めている。目的は、製造プロセスを通じて効率向上により成長を促進することで競争優位性を獲得することである。これが、よりスケーラブルで柔軟なMES(manufacture execution system)ソリューションの採用を促進する。クラウド技術は、過去数年で著しい進歩を遂げた。クラウドベースMES(製造実施システム)により企業は、たとえ大きなマルチファクトリグローバルオペレーション、あるいは単一の製造ラインでも、製造プロセスを最大限利用できるようになる。クラウドベースMESは、プラントフロアで起こるオペレーションと効果的なモニタリングおよび意思決定のためのトップマネージメントのシステムとの統合に役立つ。

2025年、エネルギーと電力産業が最大市場規模
インド、中国、ブラジル、中東など発展途上市場における技術進歩が、これらの市場におけるオートメーションに大きな機会をもたらしそうだ。その結果として、多くのスマートマニュファクチャリングソリューションがこの産業分野を標的にしてきた。世界的にエネルギー需要が増加しているので、電力産業は急成長している。これが電力製造業に圧力をかけて安価で信頼できるエネルギーを供給するように迫る。また、電力業は資源を効率的に活用する必要がある。また、メンテナンスコストを下げ、プラントの性能を一段と高める必要がある。さらに、PAM、HMIソリューションは、発電所オーナー、オペレータ、OEMsが、その資産の性能と操作即応性に関して意思決定を改善させる。

2020-2025年にAPACのスマートマニファクチャリング市場が最高CAGRで成長
 APACにおけるスマートマニファクチャリング市場は、2020-2025年に世界最高CAGR成長が予測されている。中国は、世界の最速成長経済の1つであり、半導体や自動車産業のグローバル製造ハブである。これは、HMI、MES、AI、状態モニタリング、AGV、WMSなどの先進的製造技術採用増につながる。スマートマニファクチャリング技術は、これらの産業で利用され、製造工場の全般的なパフォーマンスを高め、生産高を改善する。加えて、様々な産業における発展する経済と技術開発が、製造プロセスのモニタリングと制御のためのこれらの技術のアプリケーションを発展させる。

スマートマニファクチャリングソリューションの開発に関与する企業に含まれるのは、3D Systems (US ), CISCO (US), General Electric (US), Honeywell (US), IBM (Europe), Mitsubishi Corporation (日本), Schneider (Europe), Siemens (Europe), Oracle (US), SAP (Europe), 横河電機 (日本) and Stratasys (US).