All about Photonics

Business/Market 詳細

UV殺菌装置市場、2025年に53億ドル

April, 7, 2020, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「UV殺菌装置市場、コンポーネント(UVランプ、石英スリーブ)、出力(中、高)、アプリケーション(水および廃水殺菌、プロセス水殺菌)、エンドユーザ(住宅、地方自治体)、と地域、2025年までのグローバル予測」によると、市場規模は、2020年の29億ドルから、2020-2025年にCAGR 12.3%で成長して2025年には53億ドルに達する見込である。この市場の成長を後押しする主因は、感染病の脅威から増加するUV殺菌システム需要、また長寿命と省エネLEDベースUV殺菌装置。

リアクタチャンバセグメントが2019年UV殺菌装置市場をリード
 2019年、リアクタチャンバがコンポーネントの中で最大市場シェアを維持した。このコンポーネントの優勢因は、リアクタチャンバの価格である。これらのコンポーネントは、堅牢さと耐久性のために高コストである。このため、リアクタチャンバは、漏れることなく何年も持ちこたえる。

中出力UV殺菌装置が予測期間に最高CAGR成長の見込み
 中パワーUV殺菌装置市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。この成長に寄与する主因は、UV LEDベース殺菌装置の採用増。UV LEDsは、水銀ベースUVランプと比較して長寿命であり、ロバストで、省エネである。これらによりUV LEDsのUV殺菌装置への導入が進んでいる。これらの装置は、水銀ベースハイパワーUV殺菌装置と同量の水を一段と低い電力で処理することができる。

予測期間にAPACのUV殺菌装置市場が最高CAGR成長の見込み
APACにおけるUV殺菌装置産業は、予測期間に最高CAGRで成長する見込みである。この成長は、10億ドル程度のClean Ganga Projectなど進行中のプロジェクトによるものである。さらに、中国、日本、韓国、インドなどの諸国でUV技術の高い導入率が、この地域でUV殺菌装置市場を牽引する。また、これらの国々ではUV技術市場でスタートアップの数が増加している。