All about Photonics

Business/Market 詳細

赤外カメラ世界市場、2026年に13億7800万ドル

March, 18, 2020, London--Allied Market Researchの調査「赤外カメラ市場、技術とエンドユーザごとのグローバル機会、分析、および2018-2026業界予測」によると、世界の赤外カメラ市場は、2019年に7億4480万ドル、2020-2026年にCAGR 8.7%成長で、2026年には13億7847万ドルに達する見込である。

赤外カメラは、苛酷環境、霧、煙、もや,水蒸気などを通して画像を撮ることができる。このため、これらのカメラはセキュリティや監視エンドユースに利用される。赤外カメラは、赤外短波長を素早く検知できるので、非冷却カメラと比べて非常に大きな能力を備えている。加えて、冷却カメラは感度特性が高く、光学素子の多いレンズで、優れた倍率を保証する。さらに、冷却サーマルカメラは、スペクトルフィルタリング能力があり、正確で詳細な画像を撮ることができる。これは、非冷却カメラに対して、赤外カメラ市場規模の世界的な成長に寄与している。

最新の冷却サーマルイメージングカメラは、低温クーラーを組み込んだイメージングセンサを搭載している。これは、センサ温度を極低温まで下げるデバイス。センサ温度のこのような低下は、熱雑音を撮像されるシーンからの信号のノイズ以下に下げるために必要である。赤外カメラは、品質保証モニタリングやプロセスコントロールでの利用が増えている。プロセスコントロールは、温度計測データを保証し、製造ライン上の製品の形状を決める。

IRカメラ市場分析によると、製造ラインの熱画像は、製品スペシャリストに増強された情報を提供する。例えば、サーマルイメージングは、金属製造ラインのモニタに利用される。熱処理は、化学的および物理的特性を変えるために金属製造で用いられている。これらのカメラは金属部品の温度をモニタするために利用されている。また、多くの自動車メーカーは、品質制御にIRカメラを利用している。自動車製造の最終利用には、リアウインドウ暖房、暖房シート、空調出力などが含まれる。さらにIRカメラは、不良品を示す、高温点を見つけるために半導体製造の品質制御&検査にも使用される。これら全要素が、様々な業種で品質制御&検査でIRカメラの利用を促進し、世界的なIRカメラ市場成長を後押ししている。

調査の要点
・技術ベースでは、非冷却IRカメラセグメントは、2019年、世界のIRカメラ市場で最高収益を生み出した。
・最終利用ベースでは、防衛&軍事セグメントが、2019年世界のIRカメラ市場シェアで最高収益を生み出した。

(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)