All about Photonics

Business/Market 詳細

医療イメージング、人工知能がルールを変える

illus_ai_medical_imaging_forecasts_yole_jan2020_(430x278)

March, 6, 2020, Lyon--Yole Développement(Yole)の技術&市場アナリスト、医療&産業イメージング、Marjorie Villienは、「AIは、われわれの診断や処置手順のすべてを変え、より個別化された効果的な医療を実現する可能性がある」と言う。
「Yoleでは、2025年には、AIツールの販売でソフトウエアが生み出す収益の市場規模は29億ドルに達すると推定している。2019-2025年にCAGR 36%成長である。これらの収益は、改善された画像キャプチャ、雑音低減、画像再建、スクリーニング、診断と処置計画を含む主要アプリケーション間で共有される」。

AIは、アルゴリズムのトレーニングに基づいている。ディープラーニング(深層学習)は、データの中により正確な細部を検出できるアーティフィシャルニューラルネットワーク(ANN)をベースにした一種のAI技術。この技術が最初に認識モデルに実装され、画像研究用に特殊化される。

Marjorie Villienによると、AIはすべてのイメージング法に影響を与える。特にMRI、CTスキャニング、X線や超音波イメージング。
 すべてのタイプの方法が同じアルゴリズムを必要としているわけではない。実際、方法は2つのタイプの処置に組織されている。品質手順にはMRI、CTスキャンが含まれ、高速イメージング手順には超音波とX線が含まれる。

YoleのAIレポートによると、医療イメージング向けの人工知能開発に取り組んでいる企業によって、2010年以来、20億5000万ドル以上が投資されている。Heartflowなどの企業は、過去10年で4億7600万ドルの投資を受けている。この市場で期待されている主要なプレイヤは、General Electric, Philips およびSiemensなどの医療診断システムメーカーであるが、IBMやMicrosoftなどAI-グルー企業も含まれる。
 KnowMadeのCTO/共同創始者、Brice Sagotは、「新しい医療機器の開発と違い、AIソフトウエア開発コストは大したことがない。その結果、画期的なソフトウエアを開発しているIPニューカマーの数が、今後急速に増え続けると思われる」と分析している。
(詳細は、http://www.yole.fr/)