All about Photonics

Business/Market 詳細

光通信とネットワーキング装置市場、2025年に278億ドル

February, 25, 2020, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「光通信とネットワーキング装置市場、コンポーネント(ファイバ、トランシーバ、スイッチ)、技術、アプリケーション(通信、データセンタ、エンタプライズ)、データレート、業種、地域ごとの2025年までのグローバル予測」によると、市場は、2020年に189億ドル、2020-2025年にCAGR 8.0%で成長し、2025年には278億ドルに達する見込である。
 世界中のクラウドベースのサービスや仮想化サービスの採用増、インターネット利用の増加によるデータトラフィック増、データセンタ数の増加が、光通信とネットワーキング装置市場の成長を後押しする主因。

予測期間に光トランシーバ需要は、最高CAGRで成長する見込み。これは、ウエアラブルデバイス、IoT、コンシューマニーズの変化にともなうクラウドコンピューティングなどの新しいアプリケーションの導入と採用によるものである。インターネットの普及とデータトラフィックの増加が、高速ネットワークニーズとともに、データセンタの急成長につながる。光トランシーバは、通信ネットワークのアップグレード、メガデータセンタの立上げに利用される。

予測期間にデータセンタアプリケーションが最高CAGR成長
 データセンタアプリケーション市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。この事情の成長は、主流の展開オプションとしてのクラウドコンピューティングの採用増、スマートフォンや他の接続デバイスのユーザによる高速インターネット需要の増加が原因。メガデータセンタでもインターネットトラフィックが急増している。メガデータセンタは、主にAmazon、Apple、Facebook、Google、Microsoftなどのトップ企業により運用されている。

光通信とネットワーキング市場の最大シェアはアメリカ
アメリカは、2019年光通信とネットワーキング装置市場全体で大きなシェアを占めた。アメリカ地域は、主要なデータセンタ、クラウドコンピューティングハブとして登場してきており、究極的には同地域は光通信とネットワーキング装置の最大消費地域となる。データセンタは、この市場の主要アプリケーションである。同地域に主要な企業が存在すること、高いデータ通信需要、スマートフォン、タブレットおよびVoIP装置などの通信デバイスの利用増、ウエアラブルデバイス市場の成長、データセンタ展開の増加が、この地域の光通信とネットワーキング装置産業の成長を後押ししている。