All about Photonics

Business/Market 詳細

デジタルスキルのギャップがIndustry 4.0を遅くする

"Accelerate Industrial” was conducted and authored by Dr. Faith McCreary (right), a principal engineer, experience architect and researcher at Intel, in tandem with Dr. Irene Petrick, senior director of Industrial Innovation for Intel’s Industrial Solutions Division. (Credit: Intel Corporation)

December, 26, 2019, San Francisco--Intelは、“Accelerate Industrial,”という調査結果を発表した。これは、Industry 4.0、製造分野のデジタル変革の包括的な調査である。調査は、ほとんど西欧の産業生産訓練プログラムと政府の投資政策が対処できていないことを明らかにしている。

調査結果によると、今日のリーダーは、将来に備えた労働力を作る必要がある。これは、大学、政府と産業の協力を必要とする。これには、製造分野変革に向けたワーカーに焦点を当てた政策がふくまれる。

最近のDeloitte/Manufacturing Instituteの調査は、産業が深刻な長期的労働力不足に入りつつあることを示唆している。製造における不足は、2028年までに240万の欠員が見込まれており、これにより米国、経済への影響は2兆5000億ドルになると予測されている。ドイツや日本は、この予想される労働力不足に関してはさらに深刻であると見られている。

増加するデータの急増、エッジでの接続性と処理能力で、IIoTの利用が増える。とは言え、導入に成功できないところは多い。デジタル製造ソリューションを試している3社のうち2社は、大規模導入できていない。

調査によって明らかになった、将来のスマートソリューションへの投資を狂わせる上位5つの課題は、回答者よると、以下の通りである。
・投資から恩恵を受けられなくするものとして、36%が「技術スキルのギャップ」を挙げている。
・27%は、データやIPプライバシー、オーナーシップおよび管理について増え続ける懸念から「データの保護必要度」を挙げている。
・23%は、プロトコル、コンポーネント、製品およびシステム間の互換性の欠如を挙げている。
・22%は、セキュリティ脅威を挙げる。工場における現在および新たな脆弱性に関する脅威。
・18%は、量とスピードでレファランス取扱データの増加、意味付与を挙げている。

“Accelerate Industrial,”は、この新しい展望でナビゲートして成功するために必要なデジタルスキルの重要性が増している、と指摘している。

調査から分かったことは、デジタル変革に対する要求は巨大であり、企業の83%がスマートファクトリ技術への投資を計画している。変革のために最も重要なスキルと特性は、ほとんどの産業の職業訓練、関連する政策立案者が一般に強調するものではない。

回答者が挙げている将来のスキルは、デジタルツールを深く理解するためのプログラミングの基礎を凌ぐ必要がある。つまり,データ収集から分析、動作環境へのリアルタイムフィードバック。製造におけるデジタル変革サポートに必要な上位5つの将来のスキルは以下の通りである。
・新しいプログラミング、つまりソフトウエアエンジニアリング技術の深い理解。
・“Digital dexterity,”つまり実務的な成果のために既存および新しい技術を活用する能力。
・データサイエンス
・接続性
・サイバーセキュリティ

“Accelerate Industrial,”は、Intelの首席エンジニア、エクスペリアンスアーキテクトおよび研究者、Dr. Faith McCrearyが、Industrial Innovation for Intel’s Industrial Solutions Divisionシニアディレクタ、Dr. Irene Petrickと協力して実施した。研究はモバイルエスノグラフィをカバーしており、サポートしている400を超えるメーカーとエコシステム技術者とインタビューした。