All about Photonics

Business/Market 詳細

光電センサ世界市場、2025年に22億ドル

November, 19, 2019, Maharashtra--Zion Market Researchは、レポート「光電センサ市場、技術(再帰反射、スルービーム、反射)、構造(アンプ組込、アンプ分離、電源組込、ファイバタイプ)、ビーム源(標準およびレーザ)、距離(=100 mm, >100–1,000 mm, >1,000–10,000 mm, および >10,000 mm)、最終使用(工業製造、コンシューマエレクトロニクス、ビルオートメーション、自動車&運輸、製薬&医療、飲食業、その他)、世界の産業展望、、包括的分析と、2018-2025予測」を発表した。
 それによると、世界の光電センサ市場は、2018年に13億7400万ドル、2019-2025年にCAGR 7.1%をわずかに上回る成長で、2025年には約22億500万ドルに達すると予測されている。
 組み込んだ発光素子から可視光、赤外光を発するセンサが光電センサ。主に、光-光学アプリケーションで利用されている。
 光電センサ市場を牽引する際立つ要因は、短距離と長距離検出を促進するその機能である。従来のスイッチト違い、これらセンサは摩耗や分裂の傾向が少ない。光電センサ普及増は、金属、木材、プラスチック、液体、気体など、どんな種類の物質でも検出できる能力のためであり、これが光電センサ市場成長の原動力となっている。光電センサによって便利になった様々な利点もこの市場の成長で重要な役割を果たしている。光電センサのセンシング範囲は、通常、反射性や標的の色に影響され、これがある程度は市場を阻害する可能性がある。代わりに、センサ技術の主要メーカーは、継続的な小型化要求を認識している。そのようなシナリオでは、光電センサが比較的にコンパクトで軽量になるにしたがい、光電センサが好まれるようになっている。
 光電センサは、自動車アプリケーションで広く採用されている。駐車場の自動車検出、光る対象物の検出などである。今後、これがこのセグメントの成長を刺激すると見られている。
 APACは、予測期間に光電センサ市場で有利な成長機会を獲得すると見られている。2019年末までに、この地域は、大きな市場シェアをとる見込みである。インド、韓国、中国がこの地域市場に大きく貢献する。
 世界的に有名なプレイヤは、オムロン、キーエンス、パナソニック、アバゴ、シュナイダーエレクトリックなど。
(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com/)