All about Photonics

Business/Market 詳細

高温3Dプリンティングプラスチック市場、2025年に8億ドル超

November, 18, 2019, San Francisco--Grand View Research, Inc.の調査によると、世界の高温3Dプリンティングプラスチック市場規模は、予測期間にCAGR 13.0%成長で、2025年には8億3343万ドルに達する見込みである。市場成長の原動力は、航空宇宙産業と見られている。
 高温3Dプリンティングプラスチックは、主にプロトタイピングやコンセプトモデリングで使用される。航空機や防衛装置需要が、世界的に大きな成長が見込まれている。世界的な安全保障上の脅威の再開、主要国の防衛予算増などが、航空宇宙産業の成長を後押しすると予測されている。加えて、発展途上経済、中国やインドなどの比較的安定したGDPの成長が、旅客の伸びに貢献しており、これが、今度は世界中で商用機需要の引き金になる。こうしたことから、高温3Dプリンティングプラスチックの大きな需要が生まれる。
 ポリエチルケトンケトン(PEKK)タイプセグメントは、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。PEKKは、ほとんどの競合製品と比べて耐熱性が高く、ガラス転移と溶融温度は、それぞれ180℃と300℃。したがって、中でもヘルスケアや自動車など、様々なアプリケーション向けの高温3Dプリンティングソリューションでの利用に道を開くことになる。加えて、PEKKは、液体に対する耐性が高く、本質的に難燃性、圧縮強度があり、摩耗耐性や放射能耐性、クリープ耐性がある。したがって、予測期間にその成長を促進すると見られている。
 ヘルスケア最終利用セグメントは、次の7年で大きな成長が見込まれている。ヘルスケアセグメントにおける高温3Dプリンティングプラスチックの重要アプリケーションは、プロトタイピング、カスタム歯列矯正インプラント、義肢、医療器具、トレーニングモデルなどが含まれる。製品のアプリケーションは、ヘルスケア産業の解剖学的モデル、エレクトロニクスのケース、使い捨ての複雑なコンポーネント、再利用可能医療機器、教育用具、診断補助、医療機器の概念モデリング、ギブス包帯やスプリント、手術用の患者固有切断ガイドなどもある。

調査結果の要点
・PEKKタイプセグメントは、様々な最終利用産業でPEKKの需要が増加しているので、市場の成長を後押しする可能性がある。
・ヨーロッパが、予測期間に最速CAGRで成長する見込。
・APACは、2018年に最大市場シェア、予測期間にその優位性は継続する見込である。中国は、同地域で最速成長国、これは中国で建設業が伸びているためである。
・市場の主要プレイヤは、市場シェアを高めるために様々な戦略構想に取り組んでいる。
(詳細は、https://www.grandviewresearch.com/)