All about Photonics

Business/Market 詳細

エッジコンピューティング市場、2024年に90億ドル

November, 7, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「エッジコンピューティング市場、コンポーネント(ハードウエア、プラットフォームとサービス)、アプリケーション(スマートシティ、IIoT、コンテンツデリバリ、リモートモニタリング、AR/VR)、組織規模(SMEsと大企業)ごと、業種、地域、2024年までのグローバル予測によると、エッジコンピューティング市場規模は、2019年に28億ドル、予測期間にCAGR 26.5%成長で、2024年には90億ドルに達する見込である。
 エッジコンピューティング市場の主要成長因は、増加する産業IoT導入、低遅延処理とリアルタイム、自動決定ソリューション要求の増加、データ量とネットワークの急激な増加である。

スマートシティセグメントが予測期間に最大市場規模
 世界中の各国がスマートシティ構想へ向かって進んでおり、ビルのセキュリティ、ホームオートメーション、駐車場や交通管理、都市資産管理を強化するためにエッジコンピューティングソリューションを導入している。エッジコンピューティングは、低遅延、高帯域接続によりスマートシティでIoT導入を強化する。

プラットフォーム部門が予測期間に最高CAGR成長
 プラットフォームセグメントは、コンピューティング能力増強により、予測期間に高いCAGR成長が見込まれている。エッジ機器やデータセンタでの増加により企業は、ネットワーク基盤内で、エッジ機器やデータセンタのオペレーションを制御できるソフトウエアを必要としている。また、運用実行可能性を改善できるソフトウエアも必要になっている。プラットフォームは、エッジインフラストラクチャでノード接続に役立ち、ネットワークでデータフローを容易にする。

北米が予測期間に最大市場規模
 北米には、Cisco, IBM, HPE, Dell Technologies, FogHorn Systems, MachineShop, およびAxellioなど、主要なコンピューティングベンダが存在する。これらのプレイヤは、その地域に本社、直販オフィス、大規模データセンタを所有して、北米の顧客の要求に応えている。同地域の多くの企業は、エッジコンピューティングを導入して、それそれのITインフラストラクチャを強化し、新技術の恩恵を活用している。例えば5G、IoT、これらは北米におけるエッジコンピューティングソリューションの採用をさらに高めている。