All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング市場、2025年に120億ドル

May, 12, 2014, Boston--ラクスリサーチ(Lux Research)によると、航空、医療、自動車、コンシューマ製品、建築およびエレクトロニクスを含む幅広い産業での成長に牽引されて3Dプリンティング市場は、2025年には現在の約4倍、120億ドルに達する。プリンタだけでは32億ドル、処方材料が20億ドル、製造パーツが70億ドルになるとラクスのモデルは予測している。
「3Dプリンティングのコンシューマ利用が注目を集めているが、産業利用は型や工具から実際の製造パーツまであり、最大級の影響が静かに広がりつつある」とラクスリサーチのAnthony Vicari氏はコメントしている。「しかし、この分野はまだ始まったばかりであり、加工やプリントに使える材料技術の進歩は今後、さらなる成長が必要とされている」。
2006年、初期の特許群の期限が終了したことから低コストデスクトッププリンタが、Makerbotなどから発売された。Shapewaysはコンシューマ向けに3Dプリンティングサービスを始め、この技術への関心度を高めた。他の重要な3Dプリンティング技術に関する特許期間が今後3年で終了するので、さらに大きな変化、コスト低下や適用範囲の拡大などが期待できる。
Lux Innovation Gridでは、技術と業績に基づいて、市場で優位を占めるプリンタ会社はわずか4社であると指摘している。3D Systems, Stratasys, EOS, Arcam。これら4社がプリンタ市場シェアの31%を占める。このうち、Arcamはオープン材料供給モデルで差別化している。独立系の材料サプライヤは、Raymor Industries, Taulman 3D, Made Solid、Ceralinkが「潜在力は高い」が、市場で優位を占めている企業は1社も存在しない。
(詳細は、www.luxresearchinc.com)