All about Photonics

Business/Market 詳細

コンピュータビジョンとマシンビジョン市場、CAGR 11.7%成長

November, 1, 2019, Wellesley--BCCリサーチのレポート、「日常生活のコンピュータビジョンとマシンビジョン」によると、潜在アプリケーション数の増加、高速化したハードウエアなどの改善により、コンピュータビジョンとマシンビジョンは、予測期間に大きな成長が見込まれる。
 市場は、2024年に向けてCAGR11.7%で成長し、260億ドルに達すると予測されいる。

調査のハイライト
・スマートカメラを含め、カメラは、日常生活でコンピュータビジョンとマシンビジョン(MV)グローバル市場の1セグメントとして、2019年に40億ドル、今後CAGR13%で成長して、2024年には74億ドルに達する見込である。
・オプティクス、照明とフレームグラバは、2019年に43億ドル、CAGR11.9%成長で、2024年には75億ドルに達すると予測されている。
・地域別では、北米が最高成長率。2019年に46億ドル、その後CAGR12.1%で成長し、2024年には82億ドルが見込まれている。

 アナリスト、Srinivasa Rajaramは、「MVシステム需要は、すべての日常アプリケーションで増えた。医療機器、パッケージング、自動車、印刷と出版、消費財、交通管理、交通量モニタリング、交通監視などのアプリケーションと他の関連アプリケーションでMVシステムの組み込みと利用が増加している。MVシステムのコンポーネントと関連技術は、一段と複雑に、高度になっている。MVツール製造では、ビジョン処理ハードウエアの高速化は、迅速なスループットと堅牢さ強化の両方で、重要なカギとなっている。ビジョン処理は、現在、少ない電力しか必要としないハードウエアを使い、著しく高速に実行されている。より高速のハードウエア、よりインテリジェントなツール、優れたアプリケーションソフトウエア開発により、日常生活のアプリケーションでMVは広く深く普及している。顧客の高度な要求は、MV産業にプラスの影響をもたらす付加的要因である」と分析している。

MVのセキュリティ利用
 MVは、不正な人々やモノの存在を検出、様々な影響を受けやすい場所における既知の犯罪者の同定に役立つ、とレポートは付け加えている。これは、カメラ画像を写真データベースとを比較することにより行われる。各々のケースで、機械ではなく、人のオペレーターが、さらなる行動を起こす前に最終的に判断する。CCTVカメラからの画像は、セキュリティシステムで通常使用されているが、低品質であり、解釈は難しい。2Dと3D MVは、画像品質の強化、イベントの解釈、複雑なシーンのモニタを強化する方法である。アプリケーション例には、ナンバープレートの同定、人の追跡、顔認証、侵入者モニタリングがある。