All about Photonics

Business/Market 詳細

視覚処理ユニットグローバル市場、2025年に35億8800万ドル

October, 31, 2019, New York--Zion Market Researchは、「視覚処理ユニット市場、アプリケーション(スマートフォン、ドローン、カメラ、AR/VR、医療機器、ロボット、自律走行車)、業種(コンシューマエレクトロニクス、セキュリティ&監視、自動車、工業、ヘルスケア、その他)、製造プロセス(=16nm および >16–28nm)ごと、グローバル業界展望、包括的分析、2018-2025の予測」を発表した。
 レポートによると、グローバル視覚処理ユニット市場は、2018年に12億8100慢ドル、2019-2025年にCAGR 18.6%成長で、2025年には35億8800慢ドルに達する見込みである。
 視覚処理ユニットは、ビデオ処理ユニットと比べて多様である。視覚処理ユニットは、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)、スケール不変特徴変換のようなマシンビジョンアルゴリズムの利用に適している。これらのユニットは、カメラからデータを取得するためにダイレクトインタフェースを利用する。
 視覚処理ユニット市場は、今後大きな成長が見込まれている。製造、コンシューマエレクトロニクス、ヘルスケア、自動車など、多くの業種でマシンビジョンシステムの採用が増加するためである。CPUやGPUスペースを解放することで、消費電力を減らしながら周辺光で高品質画像を撮るのに役立つのは専用プロセッサである。これは、順次、それが組み込まれている製品の全般的な性能を高める。さらに、様々な産業で人工知能の採用が増加しており、システムのプログラムのためのマシンラーニング技術の要求増と相俟って、今後、世界的に視覚処理ユニット市場をサポートすることが期待されている。自動車や製造など多くの産業が、視覚機能を搭載したロボットを多く利用するようになっており、品質検査、製品検査、製造段階の支援、セキュリティと監視などが増加している。これは、視覚処理ユニット市場の別の力強い成長因である。
 業種別では、視覚処理ユニット市場は、コンシューマエレクトロニクス、セキュリティと監視、自動車、工業、ヘルスケアなどで構成される。コンシューマエレクトロニクスが中でも最高の収益創出セグメントである。これは、低消費電力、ウェアラブル機器、スマートフォン、ドローン、デジタルカメラVPUs実装が増えているためである。多くのプレイヤーが、ワークロードを異なるユニットに分配することでバッテリ性能を強化しようとしている。さらに、自動車分野は、予測期間に大きな成長が見込まれる。運転者支援システム、インフォテーメントなど、自動車でエレクトロニクスが幅広く採用されるためである。
 北米が、今後数年、視覚処理ユニット市場で大きな成長が見込まれている。US、カナダなど技術的に進んだ国々が存在し、マシンランゲージの採用率増加、人工知能やマシンランゲージベンダーの地域的存在によるものである。
(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com/)