All about Photonics

Business/Market 詳細

UV硬化システム市場、2024年に61億ドル

October, 29, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「UV硬化システム市場、技術(水銀ランプ(マイクロ波ランプ、アークランプ)およびLED)、タイプ(スポットキュア、フロッドキュア、集束ビーム)、圧力(高、中、低)、アプリケーション、エンドユーザー産業、地域毎2024年までの予測」によると、市場は、2019年に37億ドル、今後CAGR 10.3%成長で、2024年には61億ドルに達する見込みである。
 市場は主に環境に優しい製品への傾向に後押しされている。それとともにグリーン製品の利用に関する厳しい規制、従来のキュアリングシステムよりも高性能&高速UVキュアリングシステムが成長を後押しする。

予測期間にUV LED技術市場が最高CAGRで成長
 UV LED市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。現在、UV LEDシステムは、UVキュアリングシステム市場では、シェアは相対的に小さく、限られたアプリケーションで使用されている。しかし、UV LED市場は、今後、浄化、消毒などの新しいアプリケーションへの導入に後押しされる見込みである。UV LEDは、水銀ランプと比べて省エネであり、熱の生成が少ないので、今後UVキュアリング技術で最優先となる見込みである。

高圧UVキュアリングシステムが、予測期間に全UVキュアリングシステム市場で最大市場シェア
 高圧UVキュアリングシステムの市場は、予測期間に業界最大シェアが見込まれている。高強度波長(360–440nm)は、自動車、工業などの分野の深部キュアに利用されている。UVキュアリングシステム市場におけるコンシューマーエレクトロニクスが、そのセグメント成長の原動力となる見込みである。

プリンティングアプリケーション市場が予測期間に最高成長率
 プリンティングアプリケーション向けUVキュアリングシステム市場は、予測期間に最高CAGRで成長する見込みである。現在、プリンティングアプリケーションでのUVキュアリングシステム需要は、相対的に少ない。しかし、揮発性有機化合物(VOC)の存在に関して世界中で環境規制支持、3Dプリンティング向け需要増が、プリンティングアプリケーションにおけるUVキュアリングシステム市場を後押しすると見られている。

医療セグメントが予測期間に最大エンドユーザーシェア
 医療エンドユーザセグメントは、予測期間に世界のUVキュアリングシステム市場で最大シェアを占めると見られている。世界中の医療デバイスメーカーは、利点があるため、製造プロセスにUVキュアリング技術を使用している。例えば、電子医療機器間の摩擦低減、均一接着、表面被覆率、コーティング均質性である。

北米が予測期間にUVキュアリングシステムの主要コンシューマ
 北米は、予測期間を通じて世界のUVキュアリングシステム市場で最大シェアを維持すると見られている。これは、Dymax、Phoeseon、および Baldwin Technologyなどの重要UVキュアリングシステムメーカーが存在するからである。EPA (Environment Protection Agency環境保護局) およびthe American Industrial Hygiene Association (AIHA;米国工業衛生協会)などの機関による厳しい規制の枠組みが、UVキュアリング技術のモニタリング、商用化で重要な役割を担っている。