All about Photonics

Business/Market 詳細

海中センサ世界市場、2025年に3億1000慢ドル

October, 25, 2019, Maharashtra--Zion Market Researchは、「海中センサ市場、センサタイプ(ソナー、ファイバオプティック、電磁、音響)、サブマリンタイプ(弾道ミサイル、攻撃型原子力潜水艦、ディーゼル電気)、アプリケーション(海洋環境モニタリング、石油資源発見、海底種保護、水中通信、他)ごとの業界展望、2018-2025の包括的分析と予測」を発表した。それによると、世界の海中センサ市場は、2018年に2億4500万ドル、2019-2025にCAGR 3.5%成長で、2025年には3億1000万ドルに達する見込である。
 潜水艦(サブマリン)検出能力の進歩は、潜水艦が生存のために依存しているステルスを弱める。進歩は、センサの感度、ロボット工学、海底インフラストラクチャ、通信技術によって支持されている。潜水艦航行は、水上艦にない特別な技能と技術を必要とする。潜水艦が水中で長時間過ごし、高速で航行する距離が延びるに連れて潜水艦航行はますます厳しくなってきている。軍用潜水艦は、窓もなく明かりのない暗黒環境で水中を航行する。したがって、潜水艦のセンサは、世界中でますます増えている。
 増加するセンサインプットとコンピュータアルゴリズムの利用は、潜水艦の能力を拡大し、より正確な速度の制御、コースの変更、あるいは攻撃中の深さ位置の変更ができるようになる。したがって、不利な攻撃と対決するために潜水艦の検出やナビゲーションの必要性が増加している。これは、結果的に世界的なサブマリンセンサ市場の拡大を後押しする。対潜水艦船や航空機への投資増は、世界的に潜水艦センサ市場により多くの商機を生み出しているようである。さらに、改善された海軍セキュリティの必要性が、一段とサブマリンセンサ市場をサポートする。とは言え、サブマリン検出センサの高コストと保守は、サブマリンセンサ市場の制限要因ともなり得る。
 2018年、北米がサブマリンセンサ市場で最大シェアだった。米国は、世界最大の海軍を保有しており、米国海軍船舶によるサブマリンセンサの技術的採用増が、市場を押し上げている。ヨーロッパは、世界のサブマリンセンサ市場で大きなシェアを占めている。ロシア、UK、フランスなどの欧州諸国は、サブマリンセンサを装備した新しい対潜水艦航空機や船舶を開発しており、これらは国家主権を強化するための海軍力増強が目的である。APACサブマリンセンサ市場は、予測期間に最高CAGR成長を記録すると見られている。東シナ海の緊迫化により、近隣諸国が海軍力を改善しており、これはこの地域の市場拡大を後押しする主因である。
(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com)