All about Photonics

Business/Market 詳細

マルチモーダルイメージング市場、2024年に29億ドル

October, 18, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「マルチモーダルイメージング市場、技術(PET-CT、SPECT-CT、PET-MR、OCT、Trimodal)、アプリケーション(腫瘍学、心臓学、脳、眼科、筋骨格)、エンドユーザー(病院、診療センタ、学術、製薬会社、バイオテクノロジー)ごと、2024年までのグローバル予測」が発表された。
 市場は、2019年の23億ドルからCAGR 4.4%成長で、2024年には29億ドルに達する見込である。マルチモーダルイメージングシステムの増え続けるアプリケーション、画像診断法の技術的進歩、研究への財政的支援の利用、有利な返済シナリオ、保険の保証範囲の拡大、放射線追跡子R&Dの増加が、マルチモーダルイメージング市場の成長を後押しする主因。

2018年、技術別では、PET-CTセグメントが最大シェア
 PET-CTシステムセグメントが、2018年マルチモーダルイメージング市場で最大シェアだった。これは、正確な早期ガン診断要求の増加、アルツハイマー病の早期発見のための増え続ける臨床証拠、心臓学でPET/CTシステムの増加するアプリケーション、有利な返済計画、PET/CT領域における技術進歩。

腫瘍学セグメントが2018年のマルチモーダルイメージング市場で最高CAGR
 アプリケーションベースでは、マルチモーダルイメージング市場は、脳&神経学、心臓学、腫瘍学、眼科、その他のアプリケーションに分かれる。腫瘍学セグメントは、2018年、最高CAGRだった。これは、主要診断にマルチモーダルイメージングシステムの利用増加、ガンの早期&正確な診断要求の増加、新しいガンタイプの診断でマルチモーダルイメージング利用臨床証拠の増加によるものである。

北米が2018年マルチモーダルイメージング市場で最大シェア
 マルチモーダルイメージング市場は4地域セグメント、北米、ヨーロッパ、APAC、ラテンアメリカと中東&アフリカに分けられている。北米がマルチモーダルイメージング市場で最大シェアだった。これは、放射線追跡子の利用増、診断イメージング法における技術的進歩、乳ガンや結腸直腸ガンなどの高い有病率、多数のマルチモーダルイメージング法の実施、病気の早期診断の利点についての認識の高まり、技術的に進んだイメージングシステムの急速な普及によるものである。

(詳細は、https://www.marketsandmarkets.com/)