All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dバイオプリンティング市場、2024年に16億ドル超

October, 16, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dバイオプリンティング市場、コンポーネント(3Dバイオプリンタ(微量押出、インクジェット、レーザ)、バイオインク(天然、合成、ハイブリッド))、材料(ハイドロジェル、生細胞)、アプリケション(皮膚、薬剤研究)、エンドユーザ(バイオ医薬品業界、学術)ごとの2024年までのグローバル予測」は、2019年に市場は6億5100万ドル、2019-2024年にCAGR 20.4%成長で、2024年には16億4700万ドルに達すると予測している。

3Dバイオプリンティング市場の成長は主に、製薬産業と美容産業、増えづける臓器移植需要と結びついた進行中のR&D活動などの要因によるものである。

バイオインクコンポーネントセグメントが予測期間に大きな成長
 コンポーネントベースでは、3Dバイオプリンティング市場は、3Dバイオプリンタとバイオインクに分けられる。バイオインクセグメントは、2019-2024年の予測期間に大きく成長すると予測されている。バイオインクセグメントは、さらに技術に関して、マイクロ押出バイオプリンティング、インクジェット3Dバイオプリンティング、磁気3Dバイオプリンティング、レーザアシストバイオプリンティングと他の技術に細分化される。

研究アプリケーションセグメントが、アプリケーションでは、予測期間に最大シェア
 アプリケーションでは、3Dバイオプリンティング市場は、研究アプリケーションと臨床アプリケーションに分類される。研究アプリケーション市場は、さらに薬剤研究、再生医療、3D細胞培養に細分化されている。加えて、臨床アプリケーションセグメントは、さらに皮膚、骨と軟骨、欠陥、その他の臨床アプリケーションに分けられている。研究アプリケーションセグメントの成長は、3Dバイオプリンティング研究への財政支援と助成増加および有用な政府のガイドラインによるものである。

新製品発売により、2019-2024年の予測期間に、ハイドロジェル材料セグメントが最速CAGR成長
 材料ベースでは、3Dバイオプリンティング市場は、ハイドロジェル、細胞外基質、精細胞、および他のバイオ材料に大きく分けられる。中でも、ハイドロジェルセグメントが、予測期間に大きく成長すると見られている。これは、R&D活動の増加、セグメント内での新製品発売によるものである。例えば、2019年、Biogelx (UK)は、ハイドロジェルベース合成バイオインクを市場投入した。

研究機関と学術研究所が、2019年では3Dバイオプリンティング市場で重要エンドユーザ
 エンドユーザベースでは、3Dバイオプリンティング市場は、病院、研究機関&学術研究所、バイオ薬剤会社に分けられている。研究機関&学術研究所セグメントが、2018年3Dバイオプリンティング市場で最大シェアを占めた。このセグメントの大きなシェアは、学術&研究機関と主要市場プレイヤの提携増加により、新しい3Dはバイオプリント製品の開発、新技術開発のために投資や助成金が増加しているためである。

北米が2019年の3Dバイオプリンティング市場て最大シェア
 3Dバイオプリンティング市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、その他(ラテンアメリカ、中東とアフリカ)に分かれている。北米が、2019年、3Dバイオプリンティング製品の地域市場で最大シェアを維持する見込である。先進的な3Dバイオプリンティング技術とアプリケーション開発への大きな政府と私的投資、またこの技術とアプリケーションの高い採用率は、3Dバイオプリンティング市場における北米の大きなシェアによるものである。