All about Photonics

Business/Market 詳細

量子センサ市場、2024年までCAGR 13.2%成長

October, 8, 2019, Wellesley--BCCリサーチのレポート「量子センサ: 通信とそれを超える量子エンタングルメント」によると、世界的な量子センサ市場成長には2つの要因があり、それらは大規模なグローバルR&D活動とIoTネットワークで増加するセキュリティ要求高まりである。
 市場は、2024年までCAGR 13.2%で成長し、2億9990万ドルに達する見込である。

調査のハイライト
・セグメント別では、原子時計が2019年の4940万ドルからCAGR 12.5%成長で、2024年には8900万ドルに達する見込である。
・世界の重力センサ市場は、2019年の4940万ドルからCAGR 14.3%成長で、2024年には8900万ドルに達すると予測されている。
・世界の磁気センサ市場は、2019年に4480万ドル、その後CAGR 12.8%で成長して、2024年には8170万ドルに達する見込である。

 アナリスト、Sinha G Gauravは、「量子センサは、ほとんどすべての生活圏で幅広いアプリケーションがあるため、次なる目玉だ。量子センサ研究は著しく増加しており、その結果、その技術が適用される製品とサービスで効率が向上している。最新の技術進歩により、量子センサの進化は、全く違いレベルに達している」とコメントした。

量子センサ市場の制約
R&Dコストとリスクが非常に高い。さらに、センサの製造とアセンブリに関わる高コストが、世界的な量子センサ市場を制約し ている。加えて、この話題に関連してコンシューマーはほとんど認識していない。量子センサに関連するアプリケーションやサービスを採用した企業もほとんどなかった。コンシューマーが複雑な量子センサやそれが機能する原理を理解することが難しいので、それが市場拡大の制限要因になっている。

(詳細は、https://www.bccresearch.com/)