All about Photonics

Business/Market 詳細

Headwall、オピオイドのリアルタイム検出イメージング技術に選定

opioid-splash-image

October, 2, 2019, Bolton--Headwallの発表によると、同社のハイパースペクトルイメージング技術が、Battelle提案の一部として、国土安全保障省(DHS)科学技術(S&T)局、オピオイド検出構想の第1期ファイナリストに選ばれた。
 Battelleによる自動マルチモーダルオピオイド検出システムは、Headwallハイパースペクトルイメージングセンサ、デュアルエネルギーX線写真、マシンラーニングアルゴリズムを使って、手紙の流れを阻害することなく、非侵襲的にパッケージ内のオピオイドを検出する。
 HeadwallのCEO、David Bannonは、「人命を救うプロジェクトで長期の成功実績があるBattelleのような企業との協働で当社は成功する」とコメントしている。「当社のハイパースペクトルセンサは、マシンビジョンセンシング、リアルタイム処理能力、高耐久性設計という強力な組合せである。世界中の数千の顧客が、プロセスライン、農場、空中の計測器で、すでに恩恵を受けている。宇宙でも同様である。自動阻止により中毒の人的損失低減への貢献は、社会的影響は大きく、われわれとわれわれの社会にとって重要である」と話している。
 ホワイトハウスによると、フェンタニルなどのオピオイド乱用は、米国で前例のない公衆衛生の危機をを作り出している。2017年、約5万人のアメリカ人がオピオイド過剰摂取で死亡した。国際郵便が米国に入る違法オピオイドのルートとして特定されており、ほぼ純粋な粉末形態で普通に輸送されている。その結果、大規模な麻薬取引が、郵便で送られる小さなパッケージを介して起こる。
 この危機に対処する包括的な政府の取り組みの一環として、DHS S&T, U.S. アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)、米国郵政公社(USPIS)国家薬物管理制作局(ONDCP)が新しい自動、非開封、ユーザーフレンドリで高度に設計されたツールと技術を探している。155万ドルの懸賞が世界中から83の提案を引きつけた。
 Battelle/Headwallシステムは現在、14週の加速期間に移り、その間に導入可能なプロトタイプが開発される。政府と業界識者が、検査プロセス、微量検出、人工知能、ユーザーデザインなどに専門的なサポートを提供する。これらのツールは、国中の国際郵便、速達荷物ファシリティ、他の環境に導入される。