All about Photonics

Business/Market 詳細

OIF、ECOCで400ZR、CEI-112G、IC-TROSA相互接続デモ

September, 24, 2019, Fremont--OIFメンバー会社は、9月23-25、アイルランド、ダブリン、ECOC 2019中に400ZR、Common Electrical I/O (CEI)-112G and IC-TROSAのマルチベンダ相互接続デモンストレーションで業界リーダーシップを示す。
 重要な相互接続性がどのように実行されるかのデモンストレーションには、12のOIFメンバー企業がOIFブースのデモに参加する。これらに含まれるのは、ADVA、Amphenol、Cadence Design System、Credo、Finisar、Inphi、Keysight Technologies、Marvell、Molex、MultiLane、TE Connectivity and YAMAICHI ELECTRONICS(山一電機)。
 「主要技術– 400ZR、CEI-112G およびIC-TROSA –が、エコシステムで相互運用導入を可能にするように各々がどのように仕様化されているかを理解し、直に見ることは、市場の信頼構築と採用加速にとって極めて重要。この12社と重要技術の展示は、電気、光および制御互換性におけるOIFのリーダーシップを示している」とOIF物理層およびリンク層相互接続性ワーキンググループチェア、Stev Sekelはコメントしている。

400ZR & IC-TROSA Demo
 OIFの400ZRプロジェクトは、80km DWDMネットワークで400GbEのコストと複雑性低減を促進するとともに、必要なコンポーネントと補完アプリケーションの波を前進させている。IC-TROSAは、シングルパッケージのコヒレントモジュール向けの光ビルディングブロックの全てを特徴付けている。デモンストレーションは、IC-TROSA組み込み、400ZR向けにアブグレードされたスクリプトを持つリアルタイムEVM計測の重要面を際立たせている。加えて、ハードウエアベース400ZRインストールが、一般的なアプリケーション例を示す。

CEI-112G Demo
 OIFは、差動対あたり112Gbpsに向けて電気インタフェース仕様の開発で業界を次世代に進める上で指導的な役割を担っている。相互接続性を特徴とする多数のライブデモンストレーションは、OIFの重要な役割を明確に示すものである。OIFブースにおけるCEI-112G デモンストレーションの特徴は、嵌合した準拠ボードチャネルでマルチパーティシリコンサプライヤの相互接続性であり、モジュールチャネルやダイレクトアタッチ銅線ケーブルチャネルのフルホスト、OSFPやQSFP-DDを含む多数の業界フォームファクタにおける相互接続性である。

(詳細は、https://www.oiforum.com/)