All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の3Dプリンティングヘルスケア市場、2026年に37億ドル

September, 18, 2019, Portland--Allied Market Researchのレポート「3Dプリンティングヘルスケア市場、技術、コンポーネント、アプリケーションとエンドユーザごとの、2019-2026グローバル機械分析と業界予測」によると、世界の3Dプリンティングヘルスケア市場は、2018年に9億7300万ドル、2019-2026にCAGR 18.2%で成長し、2026年までには36億9200万ドルに達する見込である。システムセグメントが、2018年では市場全体の半分以上のシェアを占めた。

アディティブマニュファクチャリング(3Dプリンティング)は、CADパッケージによりデジタル3Dデザインデータを利用して3次元(3D)の物理的物体を層付加的に製造する技術。世界の3Dプリンティングヘルスケア市場は、近年動的な成長を見せた。これは急速な技術進歩、R&D活動への投資増加、顧客層の急増によるものである。さらに、この技術によるカスタマイズが、生体医療アプリケーションの範囲の拡大、効率的な材料利用、コストと時間の削減が、市場の成長を補完する主因になる。加えて、ヘルスケア分野における3Dプリンティング技術の利用は、効果的な術前計画、より優れた手術、強化された患者予後、動物テストへの適切な代替を促進すると考えられている。

システムセグメントが、2018年世界の3Dプリンティングヘルスケア市場で50%を超えるシェアを占めた。

3Dプリンティングヘルスケア市場調査の要点
・3Dヘルスケアサービスセグメントが予測期間中に最高CAGRで成長する見込である。
・ポリマが、3Dプリンティングで最も好まれる材料。ポリマ材料は、材料市場で市場規模の約半分を占めている。一方、セラミックスセグメントは、予測期間中に最速成長セグメントと見なされている。
・電子ビーム溶融技術セグメントは、2019-2026年に最高の成長率が予測されている。
・医療と手術センタエンドユーザセグメントが市場の2/3を占め、2026年まで市場で優位を占める見込である。
・再生医療アプリケーションセグメントが、予測期間中に最速成長セグメントになると予測されている。
・北米が、ヘルスケア3Dプリンティング市場で2/5のシェアだったが、APACは、2019-2026年に最速成長市場と予測されている。

主要市場プレイヤが採用する重要な発展戦略は、製品の市場投入、協力と提携である。
(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)