All about Photonics

Business/Market 詳細

携帯電話3Dセンシング市場が成長段階に入る

September, 12, 2019, Taipei--LEDinsideの赤外センシングアプリケーション市場レポートによると、スマートフォン出荷が2019年全体で下降すると予測されているので、携帯電話ブランドは、下半期にフラッグシップ製品の「スペック競争」に取り組むことになる。また、3Dセンシングモジュールが、その競争で重要コンポーネントになる。携帯電話で使われるVCSELの市場規模は、このトレンドの結果、11億3900慢ドルに達すると予測されている。
 トレンドフォース(TrendForce)リサーチマネージャー、Joanne Wuは、「2019年、量販iPhoneに3D顔認証を実装するAppleを除いて、Samsung、Huawei、Sonyも、2Hにワールド・フェイシング3Dセンシングをフラッグシップ機器への実装を予定していた。2020年には、10に近いハイエンド携帯電話が3Dセンシングソリューションを使用すると推定されている。機器によっては、フロント-およびワールド-フェイシングカメラの両方でソリューションを実装するので、VCSEL収益を押し上げる」と分析している。

VCSELサプライヤはワールド・フェイジングTOFカメラに積極的
 現在コンシューマー市場で使用されている3Dセンシングソリューションは、ストラクチャードライトとTOF。ストラクチャードライトは、投影された光パターンを通して画像を取得し、非常に高精度に奥行きを確定することができるが、高コストであり計算の複雑さを伴う。さらに、その技術の特許はAppleがもっており大きな特許障壁となっている。
 TOFは、ストラクチャードライトのような精度と奥行きはないが、素早い反応と検出範囲がそれを補う。TOFカメラは、フロントフェーシングとワールドフェーシングに分けられ、フロントフェーシングカメラはコストが高く、ワールドフェーシングカメラはより高出力のVCSELを使用している。主なVCSEL関連会社は現在、Lumentum、Finisar、OSRAM’s Vixar、ams、 WIN Semiconductors Corp.、Advanced Wireless Semiconductor Company (AWSC)、VIAVI Solutions Inc.など。

Androidプレイヤー、多様なVCSELアプリケーションに焦点
 2017-2018年に多くの買収と投資が行われ、サプライヤーは今後のVCSEL需要に楽観的である。Appleが、2018年iPhones量販で3Dセンシング機能を採用し、顔認証、フェイスロック解除にそれを利用しているので、Xioami、Huawei、OPPOが追従して開発を始めた。しかし、3Dセンシング技術には、重大なボトルネックと特許障壁があり、Android分野のメンバーによる開発が予想以上に遅れている。しかし多くの携帯電話ブランドは、まだ3Dセンシングを大きな潜在力のある技術とみなしている。
 3Dセンシング市場が登場してきたので、今後の携帯電話における3Dセンシング技術は、もはや顔認証や顔ロック解除アプリケーションに限定されることはなく、3D対象認識、モデリング、AR、および様々な他の機能に拡大していく。
(詳細は、https://www.ledinside.com/)