All about Photonics

Business/Market 詳細

グローバルレーザ市場、2023年までにCAGR10.3%成長

September, 9, 2019, Wellesley--BCCリサーチのレポート「レーザ: 2024年までのグローバル市場」によると、レーザは、多くの新しいプロセスの開発でますます重要な役割を演じている、特に軍事とヘルスケア部門である。
 市場は、2023年までCAGR10.3%で成長し、その年には146億ドルに達する見込みである。
 主要な市場プレイヤーは、Aerotech (ARTX)、 Coherent (COHR) およびLockheed Martin (LMT)である。

調査のハイライト
・アプリケーションでは、小売とその他が最小だが、最速成長市場であり、2024年まで年率12.9%成長が見込まれている。
・セグメントでは、化学レーザ市場が、2019年の28億ドルからCAGR11%成長で、2024年には47億ドルに達すると予測されている。
・エキシマレーザセグメントが、2019年の8億9390万ドルから年率15.6%成長で、2024年には18億ドルに達する見込みである。

 BCCリサーチのアナリストは、「ダイレクトエネルギーレーザは、さまざまな既存産業プロセスや開発を最適化し、政府と民間事業体の両方による将来の投資に触媒作用を及ぼした。例えば、軍では、レーザは多くの新しいプロセスの開発でますます重要な役割をはたいている」とコメントしている。

ヘルスケアなどにおける成長
 また、ヘルスケアセクタはレーザにとって非常に大きな未開発成長機会である。健康意識が高まり、侵襲性の少ない手術に対する要求が強くなっているからである。3Dイメージング積層造形向けの伸び続ける需要もレーザ世界需要を押し上げている。