All about Photonics

Business/Market 詳細

医療レーザシステム世界市場、2025年に45億ドル超

August, 27, 2019, Maharashtra--Zion Market Researchは、「医療レーザシステム市場、製品(固体レーザシステム、ガスレーザシステム、色素レーザシステム、ダイオードレーザシステム)、アプリケーション(眼科、皮膚科、婦人科、泌尿器科、心臓血管、その他)、エンドユース(手術、美容、歯科)、グローバル産業展望ごとの包括的分析、2018-2025年予測」レポートを発表した。
 レポートによると、医療用レーザシステム世界市場は、2018年の21億4200万ドルから、2019-2025年にCAGR 11.37%で成長し、2025年には45億4800万ドルに達する見込である。
 医療レーザは、医療用に認可されたレーザを利用して、病気の処置、組織の除去を行う医療機器。泌尿器、皮膚病、心臓血管、目の疾患などの病気の数が増加していることから、医療レーザの必要性も増加している。これが、世界的に医療レーザシステムの幅広い採用を後押ししている。
 医療レーザシステム市場は、製品、アプリケーション、最終利用を元に細分化されている。製品ベースでは、市場は固体レーザシステム、色素レーザシステム、ダイオードレーザシステムおよびガスレーザシステムが含まれる。固体レーザシステムは、皮膚科での利用が増加しているため、予測期間で最速成長市場セグメントである。ダイオードレーザシステムは、光線力学療法や美容処置でアプリケーション幅が広いため、世界の医療レーザシステム市場で優位を占める。
 アプリケーションでは、市場は、婦人科、歯科、泌尿器科、心臓血管、皮膚科、眼科などに分類されている。皮膚科が最大市場シェアを占めている。皮膚の引き締め、コンタリング、肌の若返りなど美容処置需要の増加、様々なレーザ処置オプションに対する患者の認識向上が原因である。心臓血管は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。様々なコスト効率のよい技術の開発、世界的な心臓病の増加のためである。
 最終利用ベースでは、美容セグメントが今後、収益ベースで最大市場シェアを取ると予測されている。非侵襲的な処置に対する要求の増加、世界中で美容処置数が増加しているためである。
 予測期間で北米が優位を占めると見られている。慢性疾患や皮膚病の増加、美容整形や処置需要の増加、医療レーザシステムに対する有利な返済ポリシーによるものである。ヨーロッパが、2018年医療レーザシステム市場でNo.2だった。レーザ技術についての地域的認識の拡大、その利点およびR&D活動の増加によるものである。APAC医療レーザシステム市場は、最速成長地域。予測期間に最高CAGRを記録すると見られている。これは、医療ツーリズムの増加、技術的に進んだ処置オプションの急速な採用が原因である。