All about Photonics

Business/Market 詳細

メタマテリアルデバイス、107億ドルの市場機会

August, 26, 2019, Boston--メタマテリアルは、5Gネットワーク、自律走行車、ネットワーク接続車で、2030年には、107億ドルに拡大する見込みである。
 この商機の理解向上のためにLux Researchは、「メタマテリアル市場予測」レポートで、この技術が今後の成長をどこで、どのように促進するかを知るための市場展望を分析した。
 レポートは、メタマテリアル設計が、従来の提供品に比べてはるかに高性能、高効率を達成するデバイスをどのように可能にするかを明らかにしている。メタマテリアルは、通信アンテナ、レーダやLiDARのような電磁センサ、振動減衰、エネルギー採取、無線充電に導入されつつある。これらのメタマテリアルデバイスはすべて、標準的な既存材料の組合せを利用している。さらに、3Dプリンティングからリソグラフィまで、製造技術の進歩によりスタートアップが、これらのデバイスをコスト効率よく量産できるようになっている。

レポートの要点
・メタマテリアルデバイスは、サイズの小型化、エネルギー効率向上、高精度指向性と制御が特徴。多くの場合、メタマテリアルデバイスは、従来のデバイスと比較して製造コストはあまり変わらない。結果的に、一度メタマテリアルオプションが市場を獲得すると、従来製品は競争力を失いがちである。
・5Gセグメントは、2020年代早期に急成長する見込みであり、新しいネットワークインフラストラクチャが展開される。センサ市場における成長、特に自動車では、2020年代広範に立ち上がる見込みである。
・スタートアップの展望は、過去数年で2倍以上に拡大した。これは、この分野のイノベーションと、その技術に精通した研究グループのより大きな下層エコシステムの前倒しを反映している。
・重要な早期メタマテリアルアンテナ特許は、2024~2028年に終了する。この時点で、メタマテリアル開発会社の数が急増すると予測されている。2005~2008年に早期特許終了後に3Dプリンティングが爆発的に拡大したのと同様である。
・メタマテリアルは、デザイン主導トレンドであり、デザインソフトウエアと積層造形における現在の勢いに立脚している。その結果、ソフトウエアのスピードで急速な技術導入が期待される。新材料イノベーションに一般的な遅いペースではない。