All about Photonics

Business/Market 詳細

次の5年で約2億9000万のマルチGbEスイッチポート出荷

August, 19, 2019, Redwood City--DellOro Groupの調査によると、次の5年で約2億9000万のマルチギガビット(2.5/5.0 Gbps) Ethernetスイッチポートが出荷される。一方、1GbEは、2021年にピークを迎える。
 「キャンパススイッチング市場は、新しいデジタル変革要件や期限を過ぎたリフレッシュサイクルに後押しされた多年成長時代入っている」とDellOro Groupのシニアディレクター、Sameh Boujelbeneは見ている。「エンタプライズ顧客が自社のネットワークをアップグレードする際に、新しい特徴だけでなく、2.5/5.0 Gbpsなど速度増強を考える。DellOro Groupの予測では、2.5/5.0 Gbpsは予測期間に大幅に増加する。これは主に、Wi-Fi 6アクセスポイント接続とハイエンドアプリケーションによるものである。一方で、2021年に1 Gbpsは長期低落に入ると予測しているが、このスピードは、2023年で、依然としてキャンパススイッチポート出荷の2/3を占める」とBoujelbeneは付け加えている。

キャンパス5年予測のハイライト
・登録ベースの販売モデルは、市場価格への影響はわずか。
・新規ソフトウエアの特徴と機能の導入が予測期間に増加。
・キャンパススイッチング市場への新規参入者が、市場価格押し下げ圧力となる可能性がある。