All about Photonics

Business/Market 詳細

レイシオン、米国空軍導入用に先進的レーザシステムを開発

August, 16, 2019, Mcknney--Raytheon Companyは、米国空軍の契約の下で海外部隊に2台のプロトタイプ高エネルギーレーザ兵器システムを導入する。空軍の実験は、12ヶ月の無人航空システム(UASs)に対する作戦とオペレータ訓練を含む。
 RatheonのHELWSは、ピュアエナジーを使ってドローンを検出、特定し、直ちに撃ち落とす。一機のドローンでも正確に標的にできる。HELWSは、Ratheonのマルチスペクトル標的システム(Multi-spectral Targeting System)と対をなす。それは、可視ビーム光を使い敵のUASsを撃ち落とす。Polaris MRZR全地型万能車に搭載され、同システムはドローンを検出、特定、追跡し、それと対戦する。
 「毎日、悪党ドローン事件の話が上がっている。これらの脅威はなくならない。また多くの場合、高エネルギーレーザ兵器システムでそれらを撃ち落とすことが最も効果的であり、安全である」とRaytheon Electronic Warfare Systems(電子戦システム)、VP、Stefan Baurはコメントしている。
 この契約は、空軍と米軍でRatheonの指向性エネルギーシステムのデモンストレーション成功を受けたものである。
(詳細は、http://raytheon.mediaroom.com/)