All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dスキャナ市場、2025年に約66億ドル

August, 7, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dスキャナ市場、提供品(ハードウエア&ソフトウエア、アフターサービス)、タイプ(レーザ、パタン投影)、製品(三脚マウント、固定CMMベース、可搬CMMベース、デスクトップ)、範囲、アプリケーション、および地域毎の2025年までのグローバル予測」によると、市場は2018年の41億3000万ドルから、2019-2025年にCAGR 6.6%成長で、2025年には65億9000万ドルに達する見込である。
 モデリングや分析のために大量3Dデータをとる必要性の増加、高まる品質制御重視、先端医療処置についての認識向上が、この市場の成長因である。

リバースエンジニアリングアプリケーションが高成長
 リバースエンジニアリング(分解工学)向け3Dスキャナ市場が、2019-2025年に高成長と予測されている。自動車、航空宇宙&防衛、製造などの産業は、実物から設計を変更するために3Dスキャナを使い始めた。また、手作りの自動車、スペアパーツおよび他の部品(製造中止になったもの)を製造するためでもある。3Dスキャナは、高精度、高速製品分析、オリジナル製品に変更を加える能力を提供する。スキャナによって得られるこれらの利点が、リバースエンジニアリング市場の成長を後押ししている。

建築&建設業向け3Dスキャナ市場は、急速成長が予測されている
 建築&建設業向け3Dスキャナ市場は、3Dスキャナ技術とCADなどのソフトウエアとの統合により、急成長している。これは、建物設計時間、BIM(Building Information Modeling)に関連する全般的なコストの最小化を支援する。3Dスキャナで取得した計測データは、3Dおよび2D CADデータにに変換され、平面図、境界域、立面図の可視化に利用される。この種の可視化は、エンドユーザがコンピュータからデータにアクセスする際に役立つ。

2019年、アメリカが3Dスキャナ市場で大きなシェア
 アメリカは北米と南米で構成される。様々な3Dスキャニング技術が、この地域では早い段階で採用されており、自動車や航空宇宙を含む多様な産業で、品質制御、ラピッドプロトタイピング(高速試作)、リバースエンジニアリングなどの様々なアプリケーション向けに利用されている。さらにUSは、科学捜査、犯罪現場操作、ファッション&宝石など、新しい新興アプリケーション向けに3Dスキャナの最初期採用者の一つである。