All about Photonics

Business/Market 詳細

高速カメラ市場、2025年に4憶6500万ドル

August, 6, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「高速カメラ市場、用途、フレームレート(1,000–5,000、>5,000–20,000、>20,000–100,000、>100,000)、解像度(≤2 MP、>2–5 MP、>5 MP)、スループット、コンポーネント、備品、アプリケーションおよび地域毎の2025年までのグローバル予測」によると、市場は、2018年の2億8800万ドルから予測期間にCAGR 7.1%で成長して、2025年には4億6500万ドルに達する見込である。
 成長要因は、コンパクトな高速カメラの需要増、メディア&エンタテーメントおよびスポーツで高速カメラの利用増加、製造での高速カメラの高い採用率である。高速カメラの高コストは、市場抑制の主因である。

予測期間に新しいカメラが高速カメラ市場で最大シェア
 産業アプリケーション、製造ラインモニタリングや検査などが、主要な導入領域である。高速カメラは、重要なインフラストラクチャ要素であるので、賃貸、中古品の導入は好まれない。この性格により、新しい高速カメラが、2018年の市場で最大シェアとなった。これは、予測期間中継続しそうである。加えて、プロセスのサポート向上のために、最新技術と特徴をもつ高速カメラ調達の必要性は、新しい高速カメラの販売を一段と押し上げる。

100,000 FPSの高速カメラ市場が予測期間に最高CAGRで成長
 航空宇宙、爆発物、花火製造、弾道学で燃焼テスト、フローの可視化など、非常に詳細な分析の必要性増加が、>100、000 FPSの高速カメラ需要増加の原動力になっている。また、このカテゴリの市場は、特に産業需要が、一段と高い仕様へ移行することから、増加傾向にある。

北米が、2017年高速カメラ市場で最大シェア
 北米は、技術的に発達した地域であり、複数の確立された企業や研究施設の受け皿となっている。これらが、トータルで大規模な高速カメラ導入を促進している。目的は、プロセス効率の改善と、強化されるコンプライアンスへの準拠である。同地域は、世界最大の経済(US)と他の2ヶ国(カナダとメキシコ)で構成される。全体として、これら3ヶ国は確立された産業基盤を持っており、様々なアプリケーションに多数の高速カメラを利用している。例えば、製造ラインモニタリング、保守、トラブルシューティングであり、狙いはプロセス効率向上である。R&Dアプリケーションも重要な導入分野である。自動車メーカーでは、衝突試験、エアバッグ展開試験、安全高速テスト、自動車コンポーネント試験などで広範に高速カメラが実装されている。これは、北米市場の重要な成長因である。