All about Photonics

Business/Market 詳細

微光イメージング市場、 2024年に184億ドル

August, 2, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「微光イメージング市場、技術(CCD、CMOS)、アプリケーション(写真、モニタリング、検査&検出、セキュリティ&監視)、業種(コンシューマエレクトロニクス、自動車)、および地域毎の2024年までのグローバル予測」によると、微光イメージング市場は、2019年の100億ドルから、2019-2024年にCAGR 12.8%成長で、2024年には184億ドルに達する見込である。
 この市場の成長は、コンシューマエレクトロニクス、特にスマートフォンで微光イメージング技術の採用が増加しているためである。

2019年CMOSセグメントが最大シェア
 技術別では、CMOSセグメントが、2019年の微光イメージング市場をリードする。CMOS技術の優位性は、CCD技術に対する様々な優位性により採用が増加しているためである。写真、セキュリティ&監視アプリケーションの大半で、CMOS技術ベース微光イメージングセンサが急速にCCD技術ベース微光イメージングセンサに取って代わりつつある。その結果、CCD技術ベースイメージセンサ需要は、低迷している。

自動車市場が予測期間に最大CAGR
 自動車産業向け微光イメージング市場は、予測期間に最高成長が見込まれている。自動車ADAS向け需要増加が、自動車産業向け微光イメージング市場成長を押し上げる主因の一つである。ダッシュカメラ、フロントビューマシンビジョンカメラ,カメラ付バックミラー、カメラモニタシステム、360°サラウンドビューカメラが、自動車で使われるシステムの一部であり、ここに微光イメージセンサのアプリケーションが見られる。

APACが2019年市場で最大シェア
 APACが2019年微光イメージング市場で最大シェアを占めると予測されている。中国とインドが、APACの微光イメージング市場の成長に貢献する主要国である。北米が、予測期間における微光イメージング市場で二番目に大きなシェアを占めると見られている。産業、商用、住宅インフラストラクチャや自動車が、この地域で微光イメーシングデバイスの高需要を生み出す主分野である。