All about Photonics

Business/Market 詳細

蛍光顕微鏡市場、2023年まで年に7.0%成長

July, 30, 2019, Wellesley--BCCリサーチ「世界の蛍光顕微鏡市場」によると、半導体産業の微小化の進行とライフサイエンス研究の急増ば、世界の蛍光顕微鏡の成長を後押しする2つの要因である。
 市場は、2023年までCAGR 7%成長が見込まれており、市場規模は7億6840万ドルに達する見込である。
 市場の主要プレイヤーは、Olympus (OCPNF), Leica Microsystems, Nikon (NINOY) and Keyence (KYCCF).。

調査の要点
・装置セグメントは、2018年の4億4360万ドルから、CAGR 5.7%で、2023年には5億8410万ドルに達すると予測されている。
・ソフトウエアと消耗品セグメントは、2018年の1億420万ドルから、CAGR 12.1%で、2023年には1億8430万ドルに達する見込である。
・地域では、北米、主に米国が、2018年のグローバル市場全体の33.9%のシェアだった。

 アナリスト、Ritam biswasは、「半導体産業における微小化で、蛍光顕微鏡の利用が増えた。蛍光顕微鏡は、温度依存蛍光量子効率の定量化、2光子光ビーム誘導電流(TOBIC)画像の取得、および様々な他のアプリケーションに利用される。半導体産業における蛍光顕微鏡の利用は、優れたIC、小型電子装置の実現につながる」と説明している。

蛍光顕微鏡市場の限界
 蛍光顕微鏡は、光学顕微鏡や電子顕微鏡と比べて非常に高価である。ライカの基本的蛍顕微鏡は、約16500ドル、一方ライカは約3000ドルで基本的光学顕微鏡を出している。この大きな価格差は、蛍光顕微鏡の普及低迷につながる、特に発展途上国では採用に消極的である。

(詳細は、https://www.bccresearch.com/)